総重量10kg、黄金を全身に装備したインドのゴールドマン

このエントリーをはてなブックマークに追加




黄金は富のシンボル。こよなく愛する人は世界中にたくさんいますが、いくら何でもやり過ぎなのがさすがインドです。

中央インド、ムンバイの南東の街Pimpriに住むDatta Phugeさんも黄金を心から愛する人のひとり。なんと15人の金細工師をチームとして集め、毎日18時間労働を15日続けさせて重さ3.5kgの黄金のシャツを作ってしまいました。


取材したインドの新聞に対してPhugeさんは



「黄金のシャツは私の夢だったんだ。このシャツは私の『Pimpriのゴールドマン』という名声にハクを付けてくれるだろう。」




と堂々と語っています。この黄金シャツ、白のベルベットをベースにして作られており、14000個のリング状の黄金がスパンコールと共に縫い込まれています。スワロフスキー・クリスタルのボタンが6つ付いており、黄金のベルトも付属。これでお値段、23,000ドル(約200万円)

彼は上記の写真にあるように、その他にも大量の黄金のアクセサリーを所持しています。1本700gの黄金のチェーンが10本程、6つのブレスレット、25個の指輪などなど、黄金のシャツと共に全てを装備すると10kgを超えます。それにしても巨大なオームの神々しいことといったらいありません。


インドですからセキュリティが心配になりますが、それについては



「ノー・プロブレムだ。自前のセキュリティ・システムを持っているから大丈夫。出掛ける時は常にボディーガードが一緒だ。」




と非常に強気です。なお、彼にとっては



「みんな車を買ったり海外旅行に行ったりしているが、私にとっては黄金こそが究極の欲望だ!」




と男らしく断言しているので、このシャツを見て「きゃー!結婚したーい!!」と思った女子がいたとしても、幸せな結婚生活になるかは怪しそうです。

Gold Man of Pimpri Wears Solid Gold Shirt Oddity Central - Collecting Oddities



・関連記事
バラモンたちの残飯の上をごろごろ転げ回る中央インドの奇習が禁止→不可触民の大反発で撤回へ BUZZAP!(バザップ!)

【訃報】インド音楽の伝説的巨匠、ジョージ・ハリスンのシタールの師としても知られるラヴィ・シャンカルが死去 BUZZAP!(バザップ!)

険しい岩山をたったひとり、人力だけで削って道を作ったインド人 BUZZAP!(バザップ!)

インドのストリートチルドレンたちが自分達の将来のためにリアル子供銀行を設立 BUZZAP!(バザップ!)

死傷者続出、こぶし大の石を互いにぶつけ合う凶悪過ぎるインドの奇祭 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加