新型iPhoneにも採用か、有機ELを超える画質の液晶を安価に製造できるフィルムが生産開始へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



有機ELを超える画質の液晶を実現するだけでなく、従来よりも安価に液晶を製造できるという、まさに夢のようなフィルムが開発されました。



有機EL超える画質、東洋紡が液晶用フィルム量産  :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道によると、慶応義塾大学の小池康博教授らと東洋紡がテレビなどの液晶ディスプレイに組み込むだけで、有機ELを超える画質を実現できるフィルムを開発し、4月から年間1万トン(32型テレビ3000万台分)規模で量産を開始するそうです。

このフィルムは見る角度によって色や明るさがばらつく今の液晶画面の欠点を解消できるというもので、屋外で使う場面が多いタブレットやスマートフォンに採用すれば、サングラス越しでも画面が真っ暗にならず、鮮明な映像が見られるとのこと。

さらに新フィルムの原料はペットボトルと同じ樹脂であるため、色むらなどを抑えるために高価な位相差フィルムを使っている今の液晶ディスプレイよりも製造コストを抑えられるとされています。

なお、このフィルムに対してはスマートフォンやタブレットがカーナビゲーションシステムとして普及しているアメリカのAppleが関心を寄せていることが明かされているため、iPhoneやiPadで採用される可能性もありそうです。


・関連記事
材料コスト10分の1、レアメタル不要で安価な有機ELディスプレイが登場へ | BUZZAP!(バザップ!)

なんとLTEやWiMAX、3Gの通信速度も最大2倍に、NECの新技術「EBG構造」について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

モバイル通信を5倍、ファイル転送を30倍高速化する新しいデータ転送方式を富士通が開発 | BUZZAP!(バザップ!)

従来より安価で低消費電力な国産スマートフォンが登場へ、脱クアルコムで日本勢巻き返しか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加