ついにWindows Live Messengerが完全終了、Skypeへの完全移行が4月8日開始

このエントリーをはてなブックマークに追加



マイクロソフトのIM(インスタントメッセンジャー)、「Windows Live Messenger」が4月末で終了することが明らかになりました。これは同社傘下となったSkypeへ統合されることを受けたもので、ついにMessengerユーザーは完全移行を迫られることになります。



Skype and Messenger Coming Together: The Next Chapter |

Skypeの公式ブログによると、昨年11月からユーザーに促しているWindows Live MessengerからSkypeへの完全移行が4月8日から開始されるそうです。

移行はまず英語版からスタートし、4月30日に行われるポルトガル語(ブラジル版)で終了するとのこと。ただし中国本土ではサービスが継続されます。

なお、今までWindowsパソコンやXbox360以外では満足なサービスが提供されていなかった感のあるWindows Live Messengerと異なり、SkypeはWindowsやMac、iOS、Windows Phone、Androidなどの各プラットフォームに展開中。

投稿したインスタントメッセージの編集や削除に加え、ファイルや連絡先情報の共有、グループビデオ通話が可能になるなど、Live Messengerと比較して使い勝手が大きく向上しているのが特徴です。


・関連記事
パクられたツイートが一目でわかる「おいでよ パクツイの森」 | BUZZAP!(バザップ!)

「mixi」を最も利用するSNSとするユーザーが2%に激減、大学生では「Twitter」と「LINE」が2強に | BUZZAP!(バザップ!)

「しろくまカフェ」のスタンプがLINEに登場、あの「ドリームパンダ」も | BUZZAP!(バザップ!)

フォロワー数47万弱、オカルトめいた謎のTwitterアカウント「@zzzzzzzzzzzzzzz」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加