新OS「Tizen」スマートフォン、富士通やNECも発売へ



今年冬にNTTドコモから第1弾をリリースする予定のSamsungに続いて、新OS「Tizen(タイゼン)」を採用したスマートフォンを富士通やNECも発売することが明らかになりました。



NECと富士通 来年後半に「タイゼン」搭載スマホ投入へ - MSN産経ニュース

産経新聞社の報道によると、富士通とNECが2014年後半にも「Tizen」を採用したスマートフォンを発売することが判明したそうです。

Tizenはアプリ開発が容易で携帯電話会社の独自サービスが組み込みやすくなるほか、端末の低価格化にも期待されているOSで、NECは主力ブランドに追加するとのこと。

Appleをはじめとした海外勢が台頭する中、苦戦を強いられる国内勢ですが、Tizenで巻き返しを図ることはできるのでしょうか。なお、Tizenの開発メーカーにはSamsungだけでなく急伸するHuaweiなども含まれているため、依然として厳しい戦いを強いられることになりそうです。


・関連記事
NTTドコモ加藤社長がiPhone獲得交渉を否定、Samsungなどと新OS「Tizen」に注力へ | BUZZAP!(バザップ!)

今さら聞けない「3G」「4G」「WiMAX」「LTE」「AXGP」「TD-LTE」「DC-HSDPA」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

2012年はAndroidのシェアが7割に拡大、Windows PhoneやBlackberryは壊滅的に | BUZZAP!(バザップ!)

【新春企画】「2013年のスマートフォン」を大胆予測してみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング