【訃報】「ゼロの使い魔」原作者、ヤマグチノボル氏が逝去

このエントリーをはてなブックマークに追加



大ヒットを記録したライトノベル「ゼロの使い魔」シリーズの原作者、ヤマグチノボル氏が亡くなっていたことが発表されました。



20130411


メディアファクトリーの公式ページに掲載されている告知によると、2013年4月4日、ヤマグチノボル氏が二年余りにわたる闘病の結果、41歳という若さで逝去したそうです。

代表作「ゼロの使い魔」シリーズは本編20巻、外伝5巻が刊行され、さらに4期にわたってアニメ化されるなど大ヒットを記録。「現在のMF文庫J そしてメディアファクトリーがあるのは『ゼロの使い魔』とヤマグチノボル先生のおかげです」とコメントされています。

なお、ヤマグチノボル氏の公式Twitterは3月31日まで更新されており、今回の逝去が本当に突然であったことが分かります。

ゼロの使い魔~双月の騎士~Blu-ray BOX
メディアファクトリー (2011-11-25)


・関連記事
がんで闘病していたヤマグチノボル氏に対して「やらおん」は何をしたのか | BUZZAP!(バザップ!)

声優の本多知恵子さんが逝去、機動戦士ガンダムZZのエルピー・プルや少女革命ウテナの薫梢を演じる | BUZZAP!(バザップ!)

「ルパン三世」の銭形警部で知られる納谷悟朗さんが逝去 | BUZZAP!(バザップ!)

サッチャー死亡祝賀パーティがロンドンで開催、ネット上にはコラも多数 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加