UQ WiMAXとauの3G対応の新機種「Wi-Fi WALKER WiMAX」登場、通信量無制限と広いカバーエリアのいいとこ取りに

このエントリーをはてなブックマークに追加



UQ WiMAXの高速通信とauの広いカバーエリアのいいとこ取りができる新機種「Wi-Fi WALKER WiMAX」が発表されました。

※WiMAXハイパワー対応状況を追記しました。



日本全国の WiMAX+au エリア対応 WiMAX Speed Wi-Fi 「Wi-Fi WALKER WiMAX」が登場 | UQ WiMAX - ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット

UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社は4月26日(金)からWiMAX Speed Wi-Fiの新機種「Wi-Fi WALKER WiMAX」を発売するそうです。

「Wi-Fi WALKER WiMAX」はUQ WiMAXとauの3Gを使える「Wi-Fi WALKER DATA08W」の後継機種で、薄さ約16mmのボディーに現行モデルの約1.5倍となる3000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、通信時間はWiMAXが約6.5時間、3Gが約6.8時間。高速充電に対応しており、約3時間でフル充電も可能。


対応している通信規格は下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbpsの「モバイルWiMAX」および下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsの「CDMA2000 1x EV-DO Rev.A」で、WiMAX通信は通信量無制限、3G通信は月間5GBを超えると同月末まで通信速度が制限。

なお、2年契約で最大25ヶ月間1580円が割り引かれ、月額3880円(別途月額525円のau.NETなどとのプロバイダ契約が必要)で利用できる「UQ Flatプラスおトク割キャンペーン」も展開されます。

・14:56追記
UQコミュニケーションズに問い合わせたところ、「Wi-Fi WALKER WiMAX」は建物の中などでも電波の入りやすくなるWiMAXハイパワーに「非対応」とのこと。

3G通信対応とのバーターのような感がありますが、WiMAXの通信品質を重視するのか、それともカバーエリアを重視するのかで選択肢は変わってきそうです。


・関連記事
【2013年版】UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G・4G LTE徹底比較、本当に選ぶべきはどれなのか | BUZZAP!(バザップ!)

世界最薄で12時間駆動の「URoad-Aero」発売前実機レビュー、「Aterm WM3800R」と比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

なんとLTEやWiMAX、3Gの通信速度も最大2倍に、NECの新技術「EBG構造」について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

これでコミケも一安心、UQ WiMAXの「仮設基地局」は手作り感満載 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加