ソニーの新型Xperia「Honami」「Togari」の詳細が判明、実現すれば夢のような機種に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニーがリリースを予定している新型Xperia「Honami」「Togari」(いずれもコードネーム)の詳細が明らかになりました。

実現すれば最先端のスペックに、今まで以上にソニーの良さを詰め込んだ夢のようなモデルとなります。



Sony "Honami" Cyber-shot camera phone details leaked by VR-Zone.com

One SONY 7月 Xperia Z - 索尼 Xperia Z L36h

Sony "Honami" Cyber-shot camera phone details leaked by VR-Zone.com

各メディアが報じたところによると、ソニーは現在防水・防塵をサポートした「Xperia Togari」「Xperia Honami」と呼ばれる2機種のフラッグシップ機を開発中であるそうです。

「Xperia Togari」は6.44インチのフルHD(1920×1080)ディスプレイを備えた「Xperia Z」および「Zperia Tablet Z」ライクな背面ガラスやスリムボディを採用したモデルで、ブラックに加えてホワイトも提供予定。日本でも早ければ7月に発売される可能性が浮上しているとのこと。

しかし「Xperia Togari」よりも興味深いのが「One Sony」とも呼ばれる「Xperia Honami」で、そのスペックは以下の通り。現時点で考えられる最も高いスペックに、ソニー独自の技術を惜しげも無く詰め込んだ、まさに「ぼくのかんがえた さいきょうスマートフォン」を地でゆくような内容です。

・ディスプレイ
2000:1の高コントラストを実現したジャパンディスプレイ製の5インチのフルHD(1920×1080)IPS-NEOディスプレイ

・カメラ
1/1.6インチで1600~2000万画素のExmor RSセンサーと、デジタル一眼レフカメラ「α」用レンズとして定評のある「Gレンズ」、一般的なスマートフォンの10倍明るいキセノンまたはLEDフラッシュライト

・オーディオ
ウォークマン用のチップセット(フルデジタルアンプ「S-Master」である可能性も)

・CPU、メモリ
Snapdragon 800(2.3GHz、クアッドコア)、2GB RAM

・バッテリー容量
2700~3000mAh

なお、各スマートフォンのカメラセンサーのサイズを比較するとこんな感じ。一般的にセンサーが大きいほど光を取り込みやすく、高画質な撮影を期待できるとされますが、HonamiのセンサーはXperia Zと比較しても大きいことが分かります。


ちなみにTogariは戸狩温泉、Honamiは穂波温泉にちなんだコードネーム。実現すれば文句無しのフルスペック端末となるわけですが、正式発表や日本での投入時期が気になるところです。


・関連記事
ソフトバンクが2013年夏モデルを5月7日に発表へ、NTTドコモやKDDIも発表間近 | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z」などの2013年春モデルのスマホを買ってはいけないこれだけの理由 | BUZZAP!(バザップ!)

高性能スマートフォンの価格下落に期待、クアッドコアCPUで価格競争が勃発 | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが「HTC One J HTL22」を2013年夏モデルとして発売か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加