任天堂がポケモン改造アプリに警告、大会への参加も禁止

このエントリーをはてなブックマークに追加



任天堂が人気ゲームソフト「ポケットモンスター(ポケモン)」シリーズをユーザーの一部で利用されている改造アプリに警告を発しました。



任天堂ホームページ:お客様へのお知らせ

任天堂株式会社と株式会社ポケモンが連名で発表したプレスリリースによると、「ポケットモンスター」シリーズについて、許諾していないスマートフォン向けアプリケーションソフト(アプリ)が販売されているそうです。

このアプリは不正なポケモンのデータを作り、非公式のサーバーを用いてゲームソフト内に送り込む機能を有したもので、ゲームが正常に遊べなくなったり、場合によってはゲームそのものが遊べなくなったりする場合もあるとのこと。

不正なポケモンを用いて通信対戦や交換を行った場合、相手にも悪影響を及ぼすおそれがありますが、ゲームデータ改ざんなどによって引き起こされた一切の不具合、不都合などについては対応しない旨が告知されています。

また、株式会社ポケモンが開催している大会において、参加者が通常プレイ以外の方法で手に入れたポケモンを使用した場合、発覚した時点で失格とし、今後開催される全ての大会への参加も禁止するとされています。



・関連記事
任天堂の岩田社長が営業利益未達でも辞任否定、「コミットメント」発言から一転 | BUZZAP!(バザップ!)

Wii U/3DS版「大乱闘スマッシュブラザーズ」公式サイト開設、なぜかクッパやマリオが股間を強打 | BUZZAP!(バザップ!)

「ポケモンXY」は10月12日、「マリオカート8」が2014年春に発売決定 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加