「軍艦島ストリートビュー」で使われたGoogleのバックパック搭載型カメラが個人にも貸し出しへ

このエントリーをはてなブックマークに追加




先日発表された衝撃的な軍艦島ストリートビュー。この紹介動画で撮影者が浸かっていたバックパック搭載型カメラが団体や個人に向けて貸し出されることをGoogleが明らかにしました。

Googleによると、ストリートビュー作成のためのバックパック搭載型カメラシステム「Trekker backpack camera system」をサードパーティや個人に対しても貸し出されるプログラムを実施するとのこと。

Trek the world with Google Maps - YouTube


申し込みフォームは以下から(英語)となります。2番目の組織名の注意書きに、「put none if you are representing yourself」とあるように、個人でも申し込み可能。もちろん審査に通るかはGoogle次第ではあります。やはり個人とはいえ、探検家などの実績のある人向けとなるのでしょうか。今後の展開が注目されます。

Google Street View Trekker Projects

なお、先日話題になった軍艦島ストリートビューの動画はこちら。

軍艦島をストリートビュー Google Maps Street View of Battleship Island - YouTube


あなたなら、これを背負って世界のどこを歩いてみたいですか?



・関連記事
「北朝鮮の地図」がGoogleマップで利用可能に、現地の写真も BUZZAP!(バザップ!)

存在しないはずの島がGoogle Earth上に描かれ、名前までもが付けられている BUZZAP!(バザップ!)

Googleのメガネ型端末「Google Glass」の詳細なスペックが明らかに BUZZAP!(バザップ!)

Googleが定額制音楽配信サービス「Google Play Music」を発表 BUZZAP!(バザップ!)

Googleが次世代Androidや廉価版スマフォ、ゲーム機などを開発中、あらゆる企業と正面衝突へ BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加