「Tegra 5(Logan)」はGPUにKeplerを採用、消費電力わずか2WでPS3を超える性能に



NVIDIAが新型プロセッサ「Tegra 5(仮)」のGPUを刷新し、初代の200倍以上という圧倒的なグラフィック性能を実現することを明かしました。



NVIDIA Brings Kepler, World’s Most Advanced Graphics Architecture, to Mobile Devices

NVIDIA公式ブログでは、「Logan」のコードネームで開発中の「Tegra 5」とみられる次世代Tegraプロセッサについて、GPUにパソコンやワークステーション、スーパーコンピューターなどに採用されているKeplerアーキテクチャを採用する方針であることが明かされています。

モバイル向けのKeplerはOpenGL ES 3.0やOpenGL 4.4、DirectX 11、NVIDIA CUDA 5.0などをサポートし、ゲームなどでも高い性能を実現するほか、最新の第4世代iPadなどと比較して3分の1にあたる2ワットの消費電力で駆動。


そして驚くべきはその性能。最新のTegra 4と比較して4倍以上、モバイル機器でPS3やGeForce 8800GTXを上回るグラフィック処理能力を実現します。


NVIDIAが公開しているTegraプロセッサのロードマップ。Tegra 2、Tegra 3、Tegra 4と着実に進化を遂げてきましたが、Tegra 5(Logan)では飛躍的な性能向上が図られることに。


なお、Loganの実機を用いた人物の顔や景色のデモはこんな感じです。

Project Logan - FaceWorks "Ira" demo - YouTube


Project Logan - Mobile Kepler Island demo - YouTube



・関連記事
NVIDIAが「Tegra 4i」プロセッサ発表、LTEモデム統合で高性能スマフォを短期間で投入可能に | BUZZAP!(バザップ!)

第5世代Snapdragon「800」「600」登場、2.3GHz駆動でLTEの通信速度も向上 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】ついに「Tegra 4」正式発表、72コアGPU搭載でSnapdragon圧倒やHDR撮影の高速化も | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. 【大人気】Core i7搭載で競合の半額な「NVISEN MU02」まさかの値下げ、ゲームもできる高性能GPUでデュアル4K対応の格安ハイエンドPCに
  2. Core i7搭載で競合の半額な「NVISEN MU02」値下げ再び、ゲームもできる高性能GPUでデュアル4K対応の格安ハイエンドPCに
  3. Core i7搭載の格安ハイエンドPC「NVISEN FU01」大幅値下げ、ゲームも遊べてトリプル4K対応の超小型モデルに
  4. 【過去最安】最強ポータブル電源「Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh)」ぶっちぎりの安値に、ドライヤーも使える大容量・大出力で約6倍の長寿命も
  5. 超格安の高性能パソコン「TRIGKEY Speed S」大幅値下げ、安心の16GBメモリ搭載で実用性は十分

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング