「iPhone 5C」とされる廉価版iPhone、決して「安物」ではないことが明らかに



一部で「iPhone 5C」という名称になるのではないかとされている廉価版iPhoneですが、決して全体的にチープな「安物」というわけではないことが明らかになりました。



More part leaks indicate lower-cost iPhone will feature 8 megapixel camera | 9to5Mac

Appleに関する情報を集めた「9to5Mac」が報じたところによると、廉価版iPhoneのものとされるカメラモジュールを中国サイトが掲載したそうです。このモジュールはiPhone 5と同じ800万画素で、廉価版は極端にスペックを落としたものではなく、ミドルレンジを狙っているとされています。


また、新たに前面プレートとされるものの写真も公開。以下の記事で掲載されたボディ用パーツの写真と合わせて、廉価版iPhoneは筐体にプラスチックを採用したものになることが明かされています。


The Authentic Budget iPhone Housing in HD | Cell Phone News and Rumors From Fanatic Fone





筐体こそプラスチック製となるものの、目に見える形で大きくスペックを落としたものにはならないとみられる廉価版iPhone。

いまだに世界でiPhone 4Sが売れ続けていることを考えると、リーズナブルなiPhoneへの需要は少なからずあるわけですが、最終的にどのようなスペックへと落ち着くことになるのでしょうか。なお、気になる本体価格は350ドル(約3万5000円)とみられています。

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリー d LTE 980 マイクロSIMパッケージ T0003352
NTTコミュニケーションズ (2013-04-08)
売り上げランキング: 11

・関連記事
TD-LTE対応のiPhone 5Sは「WiMAX 2+」でも利用可能か、エリア整備に追い風も | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 6」は4.7および5.7インチ液晶搭載か、廉価版iPhoneは生産難航も | BUZZAP!(バザップ!)

新型iPad miniはRetina Display非搭載?各社の報道が入り乱れる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

「Tegra 5(Logan)」はGPUにKeplerを採用、消費電力わずか2WでPS3を超える性能に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング