目を疑うような新型ゲーム機「ニンテンドー2DS」電撃発表、3Dゲームが2Dに

このエントリーをはてなブックマークに追加



任天堂が「ニンテンドー2DS」を発表しました。

思わず見間違いかと思ってしまうような名称ですが、まぎれもなく「2DS」です。



Nintendo 2DS launching October 12 - GameSpot.com

これがニンテンドー2DS本体。一体型ボディを採用し、従来の3DSとの通信対戦プレイも可能です。



カラーはブルーとレッドの2色。3D機能をカットし、ヒンジを無くすことで製造コストを下げた廉価版で、本体価格は130ドル(約1万2700円)。なお、海外ではニンテンドー3DSが170ドル(1万6600円)で販売されています。


キャリングポーチが付属。



外箱はこんな感じ。



任天堂公式YouTubeアカウントでは紹介動画が配信中。

Nintendo 2DS - Introduction - YouTube


すべての3DS向けソフトは2Dでプレイできます。




ニンテンドーDS向けソフトにも対応。


もちろん3DSとの通信対戦も可能。発売は「ポケットモンスターXY」に合わせた10月12日で、北米とヨーロッパでの発売となります。


「ニンテンドー3DSから3D機能が無くなれば、それはDSではないのか」という気がしなくもありませんが、ポケモンと同時に安価なゲーム機本体を発売することで、普及に大きく弾みを付けたい任天堂の意図が見てとれます。

・関連記事
ついにWii Uやニンテンドー3DSの取り扱いをやめる小売店が現れる | BUZZAP!(バザップ!)

Wii Uが危険域に突入、3ヶ月間の販売台数が全世界でわずか16万台に | BUZZAP!(バザップ!)

任天堂の岩田社長が営業利益未達でも辞任否定、「コミットメント」発言から一転 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加