Android 4.4は「KitKat」に決定、「Kie Lime Pie」説が外れる

このエントリーをはてなブックマークに追加



GoogleのAndroid OSの最新バージョン「Android 4.4」のコードネームがまさかの「KitKat」に決定しました。

「Kie Lime Pie」になる……とまことしやかに語られていましたが、残念ながら異なるようです。



Android


Android OS公式ページでは、新バージョンが「KitKat」となることと合わせて、同OSの歩みが紹介されています。

まずはAndroid 1.5(Cupcake)。国内初のAndroidスマートフォン「HT-03A(2009年)」が採用していたOSです。


続いては1.6(Donut)。「IS01」や「LYNX SH-10B」が採用していたバージョンで、これらの端末はOSアップデートが提供されなかったことでも知られています。


2.0、2.1(Eclair)


2.2(Froyo)からはレスポンスが向上し、Flashコンテンツに対応。


携帯各社の2011年夏モデルで一斉採用されたのが2.3(Gingerbread)


タブレット用に最適化された3.0(Honeycomb)


2.x系列と3.x系列がまとまり、タブレット・スマートフォン両方に向けて提供されるようになったのが4.0(Ice Cream Sandwich)。全機種でスクリーンショットの撮影が可能になりました。


4.1~4.3(Jelly Bean)では描画の高速化などが行われ、一気に快適になりました。


そして新バージョンが4.4(KitKat)。詳細はまだ発表されていません。


今までアルファベット順で進んできたことを考えると、次は「L」ではじまるお菓子となりますが、はたしてどのようなコードネームとなるのでしょうか……?

・関連記事
「Android 5.0」は512MBメモリでも動作可能に、新型タブレット「Galaxy Nexus 11」も | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z1(Honami)」の詳細がすべて判明、正式発表前に丸裸に | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia A SO-04E」にAndroid 4.2アップデート提供開始、spモードメールに要注意 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加