Android 4.4は「KitKat」に決定、「Kie Lime Pie」説が外れる

このエントリーをはてなブックマークに追加



GoogleのAndroid OSの最新バージョン「Android 4.4」のコードネームがまさかの「KitKat」に決定しました。

「Kie Lime Pie」になる……とまことしやかに語られていましたが、残念ながら異なるようです。



Android


Android OS公式ページでは、新バージョンが「KitKat」となることと合わせて、同OSの歩みが紹介されています。

まずはAndroid 1.5(Cupcake)。国内初のAndroidスマートフォン「HT-03A(2009年)」が採用していたOSです。


続いては1.6(Donut)。「IS01」や「LYNX SH-10B」が採用していたバージョンで、これらの端末はOSアップデートが提供されなかったことでも知られています。


2.0、2.1(Eclair)


2.2(Froyo)からはレスポンスが向上し、Flashコンテンツに対応。


携帯各社の2011年夏モデルで一斉採用されたのが2.3(Gingerbread)


タブレット用に最適化された3.0(Honeycomb)


2.x系列と3.x系列がまとまり、タブレット・スマートフォン両方に向けて提供されるようになったのが4.0(Ice Cream Sandwich)。全機種でスクリーンショットの撮影が可能になりました。


4.1~4.3(Jelly Bean)では描画の高速化などが行われ、一気に快適になりました。


そして新バージョンが4.4(KitKat)。詳細はまだ発表されていません。


今までアルファベット順で進んできたことを考えると、次は「L」ではじまるお菓子となりますが、はたしてどのようなコードネームとなるのでしょうか……?

・関連記事
「Android 5.0」は512MBメモリでも動作可能に、新型タブレット「Galaxy Nexus 11」も | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z1(Honami)」の詳細がすべて判明、正式発表前に丸裸に | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia A SO-04E」にAndroid 4.2アップデート提供開始、spモードメールに要注意 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  2. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  3. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  4. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました
  5. えげつなく安い1万円台の高性能SIMフリータブレット「Teclast M40」「Teclast P20HD」またしても値下がり、ゲームやビデオ会議、ナビなどマルチに活躍

モバイルに関連した楽天商品ランキング