「Xperia Z1」はauからも発売へ、秋冬モデルの中核機種に



先日ソニーが日本国内でお披露目したフラッグシップスマートフォン「Xperia Z1」がKDDIからも発売されることが明らかになりました。

ソニー、主力スマホをauにも 販売戦略を転換  :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道によると、今までグローバルモデルをNTTドコモのみに供給してきたソニーが販売戦略を転換し、au向けにも供給することをKDDI関係者などが明かしたそうです。

すでにソニーは「Xperia Z1」をNTTドコモとKDDIに供給することで合意しており、10月に開催される予定の秋冬モデル発表会において中核モデルとして販売する方針を公表するとみられるとのこと。

背景にはNTTドコモがiPhoneの取り扱いに踏み切ったことが挙げられており、販路の拡大によって日本市場全体での販売を伸ばしたいソニーとフラッグシップモデルを扱うことで加入者を増やしたいKDDIの思惑が一致したとされています。

ちなみにソニーは春に発売したフラッグシップモデル「Xperia Z」をベースにした「Xperia UL」をKDDIの夏モデル向けに供給済み。ドコモ版とKDDI版の間に3ヶ月程度のズレがありましたが、今後はほぼ同時発売になるとみられ、期待が高まります。

モンスターハンター4
モンスターハンター4
posted with amazlet at 13.09.15
カプコン (2013-09-14)
売り上げランキング: 1

・関連記事
日本初公開の「Xperia Z1」速攻レビュー、iPhoneやLumiaに対する優位点や音質強化の方針も | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーのレンズスタイルカメラ「QX10」「QX100」をXperia Z1と組み合わせて使ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーへの皮肉?NOKIA公式Twitterが意味深な写真をアップ | BUZZAP!(バザップ!)

新型Androidウォークマン「NWZ-F886」発表、物理キー復活やS-Masterのグレードアップも | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone 12 mini実質1円」爆誕、iPhone SE一括1円めぐるドコモ、au、ソフトバンクのバトルにとんでもない新顔が登場
  2. 低価格タブレット「Xiaomi Pad 5」大容量モデル値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンド仕様に
  3. KDDIが使い放題で月額990円の「au応援割」など「つなぐ応援プログラム」第1弾開始、無料のAmazonプライムも付いて半年経過後も割安に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げ、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. 新型「iPhone SE(第3世代)」はiPhone 13と同性能で画面が大型化か、デュアルカメラ採用で大幅進化も値段は据え置きに

モバイルに関連した楽天商品ランキング