あなたの知性をダメにする6つのクセ

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Ian Levack

無くて七癖と言いますが、あなたの知性にマイナスの影響を与える行動や考え方のクセも存在します。気をつけることで自分のこれからの人生にプラスの影響が出るかもしれません。

考え方のパターン、行動のパターン、自分で気づかない内に身についてしまうもの。だからこそ変えるのは簡単ではありませんが、知性をダメにする6つのクセ、自分に当てはまるところがないかチェックしてみるだけでも考える切っ掛けになりそうです。

1.創造と評価を同時に行うこと
前と後ろに向かって同時に進むことができないように、あなたの精神も創造と評価を同時に行うことはできません。まずは自分が何を創造したいのか、どのように創造しうるのかを見出し、そのための計画を描きます。その後プロジェクトなりプロダクトができた後で初めて、それが各々の状況下でいかに働きうるかを考えましょう。焦らず時間をかけ、全く真逆の仕事を同時に行わないように。


2.自分が熟達したベテランだと考えること
自分が何でも知っている熟達したベテランであると考えることで、あなたは学ぶのをやめてしまい、他人の意見に耳を傾けず、彼らの経験から学ぶことをしなくなります。自分が全てを知っているわけではなく、他人からも学ぶことがあるのだという事実を認めましょう。

3.恐れること
あなたが常に失敗を恐れば、失敗のリスクの高い新しいことにチャレンジしなくなるでしょう。しかし、失敗を恐れて新しいことに挑戦したり新しいことを学ぼうとしなければ、あなたはより良くなることも、新しいことを学ぶこともできません。恐怖に打ち勝ち、新しいことをする時は必ず失敗のリスクがあるという事実を受け入れましょう。

4.自信を持てないこと
これは失敗への恐怖と相伴うものですが、自分が失敗しようとしていて、自分のやっていることに自信がもてないと、あなたは学ぶことも成長することもできません。もし自分の野郎としていることが間違っていたとしても、自信をもつことであなたは学び、成長し、前進することができます。

5.自分で限界を作ること
金銭的、能力的な限界というものは確かに存在しますが、間違った限界を自ら作ってしまうと、あなたは知性と学ぶ能力を阻害してしまいます。あなたが自分の進路に障害物を置く時、実際にはそれは置かれていないにも関わらず、あなたはその方向に進まなくなります。これによりあなたは新しい挑戦を行わず、より良くなる機会を失います。限界は自分の心にしかないことを忘れないように。

6.お酒を飲むこと
時々お酒を飲む程度では脳にダメージはありませんが、飲酒が脳にダメージを与えることは忘れないようにしましょう。飲酒の習慣は新しいことを学ぶ妨げになります。飲酒をするのであれば軽く、時々にすることを心がけましょう。

どれだけ当てはまったでしょうか?新しいことにチャレンジしていくことを考えるなら、照らしあわせて生活や思考を改善してみるのもよさそうです。

6 Habits That Kill Your Intelligence - Lifezap - Your Life Guide Lifezap - Your Life Guide

(Photo by Ian Levack

知性について 他四篇 (岩波文庫)
ショーペンハウエル
岩波書店
売り上げランキング: 20,201


脳には妙なクセがある
池谷 裕二
扶桑社
売り上げランキング: 2,814


・関連記事
世界でいちばん正直な都市がどこか明らかに BUZZAP!(バザップ!)

利他性こそが人類の文明社会が生き残る唯一の道であるという研究報告 BUZZAP!(バザップ!)

男は46歳で外見に気を使うのを止めてしまうという調査結果 BUZZAP!(バザップ!)

【食事中注意】舌にプラスチック片を縫い付け、固形物を痛みで食べられなくする究極のダイエット BUZZAP!(バザップ!)

「与えること」をテーマにしたタイの感動のショートムービー「Giving」が話題に BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加