「強化人間」実現か、脳と脊髄の神経接続を人工的に強化可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



「神経接続装置を用いて脳と脊髄の神経のつながりを強化する」という、まるでSF世界のような技術が実現したことが明らかになりました。

共同発表:脳と脊髄の神経のつながりを人工的に強化することに成功

自然科学研究機構 生理学研究所および科学技術振興機構の共同発表によると、生理学研究所の西村 幸男准教授と米国ワシントン大学の研究グループは、自由行動下のサルに大脳皮質の神経細胞と脊髄を神経接続装置を介して人工的に神経結合し、大脳皮質と脊髄のつながりを強化することに世界で初めて成功したそうです。

実験は3.5×5.5cmの神経接続装置を使い、自由行動下のサルに大脳皮質運動野の神経細胞と脊髄を人工的に神経結合するというもの。


神経接続装置は大脳皮質の神経活動を記録して電気刺激に変換し、0.015秒の遅延時間(刺激のタイミング)をおいて、脊髄を電気刺激していましたが、サルは神経接続装置を着けた状態で食事や遊び、睡眠などの日常を変わらず過ごしましたが、次の日には大脳皮質と脊髄間のシナプス結合の強さが人工神経接続前と比較してより強くなっていたとのこと。


なお、シナプス結合の強さは刺激のタイミングが大変重要で、0.012~0.025秒だと強化されるものの、0.050秒以上では結合の強さが変化しないことも判明。

西村准教授は「この技術は在宅で利用可能な脊髄損傷や脳梗塞後の運動・感覚機能の機能再建・リハビリテーションに役立つことが期待されます。シナプス結合は学習や記憶を司り、脳・脊髄の至る所にあります。この技術は学習能力や記憶を強化することにも応用可能かもしれません」と話しています。

実現すれば脊髄損傷や脳梗塞などの運動・感覚麻痺に対する新しいリハビリテーションという当初の目的に加え、人工的に思考能力を強化した、文字通りの「強化人間」を作ることが可能になるかもしれない技術ですが、はたして実用化される日は訪れるのでしょうか。

・関連記事
「∀(ターンエー)ガンダム」を大河原邦男氏がデザインするとこうなる | BUZZAP!(バザップ!)

富野由悠季監督のガンダム新作や「THE ORIGIN」アニメ版が2014~2015年発表へ | BUZZAP!(バザップ!)

声優の本多知恵子さんが逝去、機動戦士ガンダムZZのエルピー・プルや少女革命ウテナの薫梢を演じる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加