イー・モバイルも「ソフトバンク/ウィルコム通話定額」開始へ、EMOBILE 4G-S限定で24時間通話無料は無し

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクとイー・モバイル宛ての通話が24時間無料になる「ソフトバンク/イー・モバイル通話定額」を発表したウィルコムに続いて、イー・モバイルも「ソフトバンク/ウィルコム通話定額」を開始することを発表しました。

「ソフトバンク/ウィルコム通話定額」サービス提供開始について| イー・モバイル

イー・モバイルのプレスリリースによると、同社は11月28日(木)から「ソフトバンク/ウィルコム通話定額」を開始するそうです。月額料金は210円。

「ソフトバンク/ウィルコム通話定額」の内容。「EMOBILE 4G-S」ユーザー限定のオプションで、EMOBILE 4G-S以外のイー・モバイル、ソフトバンク、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク、ウィルコム宛ての1~21時の通話が無料になります。


同プランの導入により、イー・モバイルとの契約であるにもかかわらず、既存のイー・モバイルユーザーとの24時間無料通話の対象から外れることになった「EMOBILE 4G-S」ユーザーの通話面での自由度が上がるわけですが、同時にグループ間通話定額を発表したウィルコムとは異なり、24時間通話無料は提供されない形に。

また、端末代・通信費コミコミで月額3880円という格安スマートフォン「STREAM X GL07S」は「ソフトバンク/ウィルコム通話定額」の適用対象から外れ、他社との通話定額を利用したい場合、月額1400円の「通話定額オプション」を利用する必要がある点にも注意が必要です。

おそらくソフトバンクグループ内でのウィルコム(音声重視)とイー・モバイル(データ重視)の立ち位置に加え、「EMOBILE 4G-S」にみられるイー・モバイルとソフトバンクの特殊な関係性が影響した結果であると思われますが、プランのややこしさはどんどん深まるばかりです。

・関連記事
「Nexus 5」はイー・モバイルから発売、ただし落とし穴だらけの「EMOBILE 4G-S」契約に | BUZZAP!(バザップ!)

月額3060円で月間13GB、LTEを格安で思う存分使えるようにする方法 | BUZZAP!(バザップ!)

悲願の「下り最大150Mbps」実現なるか、1.7GHz帯の追加割り当てを求めるイー・モバイルの主張を紐解いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 10万円級の高性能でお値段1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー搭載でゲーマー向けの液冷機構やワイヤレスイヤホンも
  2. 【驚異】格安すぎるタブレット「BMAX MaxPad I10」1万円で登場、いろいろ使えて便利な高機能SIMフリーモデルに
  3. 充電不要でガンガン使い倒せる格安スマホ「UMIDIGI Power 5」スマートウォッチ付きで1万円に、顔認識・指紋認証にも対応
  4. 1万円台の格安タブレット「Teclast M40」「Alldocube iPlay 40」うれしい値下げ、ゲームにもビデオ会議にもナビにも使える本格SIMフリーモデル
  5. 「INFOBAR xv」は一括9800円、KDDIがスマホ値下げの「au Online Shop サマーセール2021」開催で機種変更も対象に

モバイルに関連した楽天商品ランキング