スマートフォンが赤外線カメラ(サーモグラフィ)になる本格ケース「FLIR ONE」

このエントリーをはてなブックマークに追加



赤外線を用いることで、暗いところでも撮影できるようになるケース「FLIR ONE」がiPhoneおよびAndroid向けに発売されることになりました。暗所など、無視界での撮影時に活躍するかもしれません。詳細は以下から。

これが「FLIR ONE」本体。



このようにiPhoneに取り付けて使うアイテムです。


背面には通常のカメラ(可視カメラ)とO~100度までのものを撮影できる赤外線カメラを搭載。


可視カメラによって輪郭を、そして赤外線カメラによって温度を検知し、それを1枚の写真として統合。さらに動画も撮影できます。




人間を撮影するとこんな感じ。視界の悪い夜間、近くに妙な気配を感じる……というような時に使ってみるのもいいかもしれません。



なお、「FLIR ONE」の発売時期は2014年春で、気になる価格は350ドル(約3万6700円)未満。対応機種はiPhone 5/5sですが、2014年後半にはAndroid向けモデルも展開される予定です。

・関連記事
無人攻撃機からの生き延びるための超実用的ガイドブックが登場 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6は大幅に薄型化された「iPhone Air」として登場か | BUZZAP!(バザップ!)

【2014年版】ドコモ・au・ソフトバンクの「学割」比較、あまりに味気ない内容に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加