動けない…!蜘蛛に正面から睨みつけられる写真が説明できない恐怖を煽る

このエントリーをはてなブックマークに追加



蛇に睨まれた蛙という言葉がありますが、捕食者に睨まれたエサは動けなくなるといいます。この写真、じっくり見るとその気持がよく分かります。この寒気、なんなのでしょう。

虫のマクロ撮影はこれまでもBUZZAP!で何度か紹介してきたように、珍しいものではありません。ですが、マレーシア人写真家のJimmy Kongさんが被写体に選んだのは蜘蛛。

真正面からこちらを見つめる蜘蛛は、美しくもありながら見るものに説明できない恐怖を覚えさせます。もしこんな生き物が等身大で目の前に現れたら…。そんなことを思ってうっすらと背筋が寒くなります。


















Kongさんは引退した技術者で2年前からマクロ撮影を始めました。以下のFlikcrではこれ以外の蜘蛛や昆虫の美しい写真を大量に見ることができます。

Flickr jim8kong's Photostream


デジタルカメラを楽しむマクロ撮影の世界
布川 秀男
東洋経済新報社
売り上げランキング: 827,286



・関連記事
水滴を頭に乗せた虫のマクロ写真がまるで宇宙生物 BUZZAP!(バザップ!)

虫なのにモコモコ可愛いい!絶滅寸前の「トラツリアブ」 BUZZAP!(バザップ!)

宝石のように美しい、朝露をまとった昆虫のマクロ写真いろいろ BUZZAP!(バザップ!)

世界一巨大なにんじん好きの昆虫がニュージーランドで発見される BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加