iPhone 6と同時発売される大画面版は「iPhone」の名前を捨てることに

このエントリーをはてなブックマークに追加



かねてから現行よりも画面サイズが大きくなった2モデルが登場すると報じられている新型iPhoneですが、1つは「iPhone」の名前を捨てたモデルになることが明らかになりました。

Q3發表 iPhone 6變身4.7吋 | 智慧手機聚焦 | 通訊世界 | udn數位資訊

台湾メディアが報じたところによると、Appleが2014年9月ごろに発売するとみられる新モデルは各所でも報じられている通り、4.7インチおよび5.6インチの大画面モデルの2機種展開になるそうです。うち4.7インチのモデルはiPhoneシリーズとしてラインナップされるものの、5.6インチモデルはiPhoneともiPadとも呼ばれていないとのこと。

また、いずれのモデルもヘッドホンケーブルやケーブル、バッテリーなどに改良が加えられるほか、iPhone 6は従来通りキズに強いゴリラガラスを採用。一方で5.6インチモデルはさらにキズに強く、耐久性が高いサファイアガラスを使ったモデルになるのではないかとされています。


ファブレット版ということで「iPhablet」、新型iPadにちなんで「iPhone Air」などの呼ばれ方をしている5.6インチモデル。どのように名付けられるのかは気になるところですが、Appleであれば「ファブレット」といった聞き慣れない単語ではなく、もっとシンプルな名付け方を選ぶような気がしなくもありません。

・関連記事
iPhone 6やファブレット版iPhone、7月に発売前倒しか | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6の新機能は「画面で充電」?太陽電池を組み込む可能性が浮上 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6やファブレット版iPhoneの詳細な情報が流出 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 6は大幅に薄型化された「iPhone Air」として登場か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加