カメラに続き画質・音質も向上した「Xperia Z2」「Xperia Z2 Tablet」や「Xperia M2」をスペック付きで解説

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほどソニーのカンファレンスで発表されたフラッグシップモデル「Xperia Z2」の詳細をスペックなどを交えてお届けします。

「Xperia Z1」のマイナーチェンジ版と思いきや、ディスプレイやカメラ、そしてオーディオ機能など、幅広くブラッシュアップされているのが分かります。

◆Xperia Z2
「Xperia Z2」本体。「Xperia Z」「Z1」より少し大きい5.2インチフルHD(1920×1080)トリルミナスディスプレイ for mobile採用。新たにLive Colo LEDを搭載し、より鮮やかに映像を再現したほか、画像を分析し、失われている画素を復元するソニー独自の超解像技術「X-Reality for mobile」により、リアリティーも向上。


Snapdragon 801(クアッドコア、2.3GHz)、3GB RAM、3200mAhバッテリーを搭載。


IPX5/8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能を採用。


カメラは1/2.3型・約2070万画素の「Exmor RS for mobile」、画像処理エンジン「BIONZ for mobile」、明るく広角撮影が可能なGレンズといった「Z1」「Z1f」にも搭載されている技術に、4K動画撮影機能、電子式手ブレ補正機能「SteadyShot」、撮影した動画の任意の箇所をスローモーション再生出来る「Timeshiftビデオ」を搭載。ARエフェクトが動画にも対応しています。


外付けステレオマイクによる高音質な録音も可能に。



特筆すべきは周囲の騒音を約98.0%カットできるスマートフォン初のデジタルノイズキャンセリングに対応した点。ステレオスピーカーを備えたほか、ソニー独自のバーチャルサラウンド技術「S-Force」フロントサラウンド対応で、ハイレゾリュ―ション・オーディオも再生できます。


こちらはBluetoothヘッドホン


イメージビデオはこんな感じ。

Xperia Z2 from Sony - Details Make The Difference - YouTube


カメラ部分だけが突出しているイメージがあったZ1と比較して、画質や音質にまで手を加えられた感のある「Xperia Z2」。世界市場での発売が3月のため、国内発売の時期が気になるところですが、最もにぎわう春商戦に間に合わせることができるのでしょうか……?

◆Xperia Z2 Tablet
「Xperia Z2」同様、Live Color LED採用でX-Reality for mobileに対応したフルHD(1920×1080)10.1インチトリルミナスディスプレイ for mobileを搭載。Snapdragon 801(クアッドコア、2.3GHz)、3GB RAM、ステレオスピーカーやバーチャルサラウンド技術「S-Forceフロントサラウンド」、そしてデジタルノイズキャンセリング機能に対応。


カラバリは2色。背面カメラは約810万画素の「Exmor RS for mobile」を採用しており、バッテリー容量は6000mAh。


Xperia Z2同様、IPX5/8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能を実現。お風呂でも利用できます。


防水性能があるにもかかわらず、世界最薄6.4mm、最軽量 (Wi-Fiモデル約426グラム・LTE/3Gモデル約439グラム)です。


◆Xperia M2
Snapdragon 400(クアッドコア、1.2GHz)、1GB RAM、Exmor RS採用800万画素カメラ、4.8インチqHD(960×540)液晶などを採用した普及向けLTEスマートフォン。




Sony Mobile accelerates into 2014 and continues to deliver the “best of Sony” | Blog Portal - Sony Smartphones

・関連記事
Xperia Z2は本当に「買い」なのか、搭載された新型プロセッサ「Snapdragon 801」から紐解いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが「Xperia Z2」「Xperia M2」「Xperia Z2 Tablet」を一気に発表 | BUZZAP!(バザップ!)

夜景に強い「AQUOS Phone SERIE mini SHL24」のカメラを「Xperia Z1」「G Flex LGL23」と比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z2」などの新モデルまもなく発表、ソニーがプレスカンファレンス実施 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーがパソコン事業売却で「VAIO」自社開発終了、「BRAVIA」のテレビ事業は分社化へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加