【マジキチ】自動的に伸縮するあまりに凶悪な「ウルヴァリンの爪」を自作してしまった男

このエントリーをはてなブックマークに追加



鋭い爪を自在に操るX-MENのウルヴァリン。この爪を自動的にシャキーンと伸縮する物騒なギミックを自作してしまった男がいます。これは危険すぎます。

このギミックを自分で作ってしまったのはColin Furzeさん。以前BUZZAP!でも取り上げた、ママチャリにジェットエンジンを積んでノーヘルで爆走していたイギリスのクレイジーな発明家です。





この爪はもちろん映画のウルヴァリンのように皮膚を突き破って飛び出してくるわけではありませんが、腕に装着して指先のボタンを操作するだけでシャキーン!さらに逆側のボタンを押すだけで元に戻ります。



ただし、このギミック、圧縮空気システムを使用しているため、専用のバックパックを背負わなければならない上、圧縮空気の充填も必要。生身でアダマンチウム製の爪を操れるウルヴァリンに比べるとさすがに見劣りしますが、それにしても白兵戦では十分使えそうです。


長袖を着てシャキーンするとこんな感じです。



ダンボールもスイカも、ビニール人形だって楽々ぶった切れます。




こちらが実際にギミックを説明している動画。どこがどう「マジキチ」なのかは一目瞭然です。

DIY X-MEN WOLVERINE fully automatic claws - YouTube


この目つき、テンション、抑えきれないヒャッハー感(というか実際叫んでます)。ナントカに刃物と言いますが、一番危険なのは何か、よおく分かりますね!よい子の皆さんは絶対真似しないでくださいね。

ウルヴァリン/X-MEN ブルーレイBOX<6枚組>(初回生産限定) ウルヴァリン:SAMURAI スペシャル・ディスク付 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013-09-04)
売り上げランキング: 1,164

・関連記事
イギリスの「ジェット自転車」の圧倒的にスチームパンクなヒャッハー感にシビれる BUZZAP!(バザップ!)

中国で危険過ぎるサマーソルトキッスが流行、公安当局が警告を発する事態に BUZZAP!(バザップ!)

完全にゲームの敵キャラ、レーザー銃を装備した恐怖のリモコン式クモ型ロボット BUZZAP!(バザップ!)

【注意喚起】今後インドでは立ちションすると覆面の男たちに放水車で攻撃されます BUZZAP!(バザップ!)

粉末アルコールがアメリカ合衆国で「誤って」認可されていたことが明らかに BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加