YouTubeがまもなく60fpsに対応へ、動画がより滑らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



Google傘下の動画配信サイト「YouTube」の動画が今まで以上に滑らかになることが明らかになりました。

Twitterに開設された、YouTubeのクリエイター向け情報配信アカウント「YouTube Creators (@YTCreators)」によると、まもなくYouTubeが毎秒60フレーム(60fps)および48フレーム(48fps)の動画に対応するそうです。なお、今までは30fps。


これによりデジタル一眼やスマホ、アクションカメラ「GoPro」などの60fpsモードで撮影された動きの激しい動画などもそのまま滑らかに視聴できるようになるほか、PS4やXbox Oneなどの最新ゲーム機でプレイした実況映像も、オリジナルの品質を損なうことなくアップ可能に。

なお、60fpsでアップされた既存の動画が対応するかどうかは不明ですが、BUZZAP!のYouTubeアカウントでも60fpsで撮影した動画を数多くアップしているため、対応を期待したいところです……。

・関連記事
Xperia Z2に発熱で4K動画撮影できない不具合、Xperia ZL2は大丈夫なのか試してみた | BUZZAP!(バザップ!)

【カメラ画質比較】Xperia ZL2・Galaxy S5・AQUOS SERIE・isai FL・URBANO・iPhone 5sで夜景スポットを撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

Xperiaのカメラがさらに高画質化へ、ソニーが人間の目のように湾曲したCMOSセンサーを開発中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加