Xperiaのカメラがさらに高画質化へ、ソニーが人間の目のように湾曲したCMOSセンサーを開発中

このエントリーをはてなブックマークに追加



カメラの画質に定評があるソニーのスマートフォン「Xperia」シリーズですが、同社が開発した新型センサーによって、さらなる高画質化が期待できることが明らかになりました。

Sony Creates Curved CMOS Sensors That Mimic the Eye - IEEE Spectrum

この記事によると、ソニーはハワイで開催された「VLSIテクノロジーシンポジウム」において、同社の神奈川県厚木市の研究開発拠点で開発中の「湾曲したCMOSセンサー」を公開したそうです。

開発中のCMOSセンサーはソニー独自の装置を用いて曲げたもので、セラミックで補強。図示されているように新開発のセンサーは人間の網膜のような形状をしており、平面タイプのセンサーよりも中央部で従来の1.4倍、隅で2倍の高感度を実現したとのこと。


これが湾曲したCMOSセンサー。デジタルカメラ用に対角43mm、スマホなどのカメラ用に11mmのものが試作され、フルサイズのものは100個近くが生産済み。なお、そう遠くないうちに量産にこぎ着ける可能性が示唆されています。

・関連記事
「Xperia Z2」などの液晶が自然に割れる不具合でBBCが検証番組、ソニーが一部を認める | BUZZAP!(バザップ!)

Xperia Z2に発熱で4K動画撮影できない不具合、Xperia ZL2は大丈夫なのか試してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモとauの新モデル「Xperia Z2」「Xperia ZL2」をXperia Z1と比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

デジタル一眼のような写真も撮れる「Xperia Z2 SO-03F」「Xperia ZL2 SOL25」のカメラで遊んでみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加