お安さ優先のタブレット「MediaPad M1 8.0 403HW」速攻レビュー、「ワイモバイルのdtab」実現なるか

このエントリーをはてなブックマークに追加



ワイモバイルが2014年冬モデルとして発表した新型タブレット「MediaPad M1 8.0 403HW」のレビューをお届けします。

安さを重視したHuawei製タブレット……というと、かつてNTTドコモから発売された「dtab」を思い出さざるを得ないわけですが、かなり割り切った性能となっています。詳細は以下から。

これがMediaPad M1 8.0 403HW本体。1280×800の8インチ液晶、KIRIN910(クアッドコア、1.6GB)、1GB RAM、8GB ROMと、かなり割り切ったモデルで、Android 4.4を採用。Nexus 6と違い、Yahoo!JAPANのサービスがプリインされています。


画面両サイドには広がりのある「スーパーワイドサウンド」に対応したステレオスピーカーを配しており、「映像・音楽に最適なタブレット」をうたっています。

8インチモデルなだけあって、さすがに片手で持つのは限界です。


魅力を簡単に説明したムービーはこんな感じ。

ワイモバイルの格安タブレット「MediaPad M1 8 0 403HW」の魅力が一目で分かるムービー - YouTube


まだ詳細は告知されていませんが、1契約で複数台利用できる「シェアプラン」での利用を想定し、本体価格は非常に安価になる予定。メタリックなボディを採用することで、チープさはありません。





スマホでありながらも片手で持つには厳しくなってきたNexus 6(左)と並べてみてもその大きさは顕著。


背面下部にmicroSDカードスロットなどがあります。


なお、ソフトバンクグループが提供するほぼすべての通信サービスを利用できるNexus 6に対し、MediaPad M1 8.0 403HWは1.7GHz、2.1GHzのLTEと900MHz、2.1GHzの3Gのみ対応。

あくまで高性能ではなく、手軽に使えるサブ端末的な位置付けのタブレットが欲しい……という需要に応えることを第一に考えたモデルとなっています。

・関連記事
ワイモバイルの2014年冬モデル発表会&新サービスまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

PHS純減のワイモバイル、ついに1台目の基本使用料まで無料に | BUZZAP!(バザップ!)

いきなり純減のワイモバイル、解約者向けの裏メニューで契約数を水増ししていた | BUZZAP!(バザップ!)

本当に使い放題?ワイモバイルの「CA対応Pocket WiFi使い放題キャンペーン」の注意点いろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加