KDDIのミャンマー通信事業が好調、直営店第一号オープン記念セレモニーに安倍総理も来場

このエントリーをはてなブックマークに追加



今年7月にKDDIが住友商事と参入したミャンマーでの通信事業。同国情報通信省傘下の独占キャリア「MPT」と共同で事業展開を進めていますが、非常に好調であることが明らかになりました。

こちらはミャンマーにあるヤンゴン中央郵便局。


本日、MPTの直営店舗第一号店がオープンしました。MPT職員が直接応対する店舗で、KDDIのノウハウを生かした日本品質のユーザー応対で、携帯電話用のSIMカードやプリペイドカード(TOP-UPカード)の購入に関する相談、契約手続きを請け負います。


これが9月12日に刷新されたMPTのブランドロゴ入りSIMカード。なお、ミャンマーの通信事業の伸びは著しく、9月1日から一般店舗でSIMカードの販売を開始したところ、1ヶ月間で100万枚以上の販売を実現。ユーザーの満足度を向上させるため、コールセンターの増強などに取り組んでいるとのこと。


さらにオープニングイベントには東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議のために同国を訪れている安倍総理も登場。記念のSIMカードが贈呈されています。




2014年7月時点では10.5%(683万人)にとどまっている同国の携帯電話普及率。しかし2016年には普及率は80%にまで引き上げられ、約4750万の新規加入が獲得できると見込まれています。

また、現時点では2Gと3Gが混在している通信環境ですが、KDDIや住友商事は今後エリアを急速に整備し、まずは都市部での3G、その後LTE……という形でデータ通信サービスを展開する方針であるため、まだまだ先の話ではあるものの、KDDI本体とのシナジー効果も期待できるかもしれません。

・関連記事
KDDIと住友商事がミャンマーの通信事業に参入、2000億円を投資へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIなど12社が「Syn.(シンドット)」を立ち上げ、はてブやnanapi、ナタリーなどがポータルを介さずに融合へ | BUZZAP!(バザップ!)

はてなやnanapi、ナタリー代表のトークも、新サービス「Syn.」の魅力が分かるムービーいろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加