やはり日本市場は特殊?世界のスマホで主流の解像度が明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加



初めてフルHD液晶を搭載した「HTC J butterfly」が発売されてから2年が経過した今、日本市場ではもはや当たり前となっているフルHDスマホ。

その結果、「iPhone 6 Plus」に採用されたシリーズ初のフルHD液晶に新鮮味は無かったわけですが、どうやら日本市場はかなり特殊な立ち位置であるようです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」が調査した、2014年に出荷されたスマホ用液晶パネルの解像度。まだ半数がHD(1280×720)に満たないのが特徴。日本のAndroidスマホで主流となっているフルHD解像度については、わずか4分の1程度です。

ちなみにHDに満たない解像度は低価格スマホが中心と思われがちですが、iPhone 5やiPhone 5s/5cのディスプレイ(1136×640)も該当します。

・2014年のスマホ向けパネル解像度別シェア
WQHD(2560×1440):0%
フルHD(1920×1080):25%
HD(1280×720):28%
qHD(940×560)、FWVGA(854×480)、WVGA(800×480):47%

なお、2015年にはiPhone 6シリーズの牽引もあって、HDおよびフルHDが7割近くに。また、フルHDを上回るWQHDディスプレイ搭載スマホも10%近いシェアになる見通しです。

・2015年のスマホ向けパネル解像度別シェア(見通し)
WQHD(2560×1440):9%
フルHD(1920×1080):34%
HD(1280×720):33%
qHD(940×560)、FWVGA(854×480)、WVGA(800×480):34%

2015年には4Kディスプレイも搭載される見通しのスマホ。4Kは当面、わずかなシェアにとどまるとみられますが、プロセッサの進歩に合わせ、今しばらくはさらなる高解像度化が進められるようです。

iPhone 6 models strengthen growth in HD and Full HD smartphone displays, says DisplaySearch

・関連記事
格安スマホさらに進化へ、1万円台・フルHD液晶搭載が当たり前に | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホ「ZenFone」のASUSに暗雲、Xiaomiとの競合で収益化が困難に | BUZZAP!(バザップ!)

技術流出を防ぐ狙いも、有機ELを研究開発する新会社「JOLED」をソニーやパナソニックなどが設立へ | BUZZAP!(バザップ!)

「isai VL LGV31」速攻レビュー、VoLTE対応でWQHD液晶搭載の全部入りスマホに | BUZZAP!(バザップ!)

超高精細WQHDスマホ「ARROWS NX F-02G」レビュー、ついに「その他」入りした富士通は失地回復なるか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加