Samsungが日本のスマホ市場から撤退か、深刻な販売不振でシェアはわずか4%に



Samsungが日本のスマホ市場から撤退する可能性が浮上しました。詳細は以下から。

韓国メディア「Business Korea」が報じたところによると、Samsung内部で日本のスマホ市場から撤退する議論が浮上していることを業界関係者が明かしたそうです。

世界ではトップクラスのシェアを誇るSamsungですが、日本市場でのシェア低下が止まらず、過去2年間でトップ5から脱落。

Appleが昨年9月に発売されたiPhone 6やiPhone 6 Plusが爆発的なヒットを記録し、Appleのシェアが20%から30%にまで伸びた一方で、シェアも17%からわずか4%へと下落しています。

テコ入れのためにSamsungが世界最速で日本市場に投入したプレミアムモデル「GALAXY Note Edge」。しかし販売台数はわずか数万台にとどまったとされています。


なお、Samsungが日本市場から撤退した前例は過去にもあり、2007年にはわずかシェア0.1%にとどまっていたテレビ市場に見切りを付ける形に。

比較的品質が安定していたこともあり、Androidスマホ黎明期にはXperiaシリーズと並んでドコモのフラッグシップ機扱いされていたSamsungのGALAXYシリーズ。

しかし「ドコモのツートップ」として発売された「GALAXY S4」以降の低迷ぶりは記憶に新しく、おまけにドコモがiPhoneを取り扱い始めたことでトドメを刺された感もありましたが、GALAXY S6以降のモデルは発売されるのでしょうか。

Withdrawal from Japan?: Samsung Considers Withdrawing Smartphone Business from Japan | BusinessKorea

・関連記事
Galaxy S5の微妙なカメラ、日本メーカーが協力を拒んだ結果であることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

4Kディスプレイや2000万画素カメラが当たり前に、2015年はスマホの高性能化競争再燃へ | BUZZAP!(バザップ!)

SamsungがiPhoneへの部品供給を増加、Appleと再び提携強化か | BUZZAP!(バザップ!)

Snapdragonに対抗、スマホ低迷で苦しむSamsungが完全自社製プロセッサを開発へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】auが「iPhone 12 mini(128GBモデル)1円」「回線契約なしで割引」で他社を圧倒、ドコモに落とし穴も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」うれしい値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」値下げで過去最安に、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 GT」ほぼ3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホが大容量モデルも割安に
  5. Pixel 6を充電できない問題、不具合でなく低品質な充電器やケーブルが原因だった

モバイルに関連した楽天商品ランキング