VAIOがタブレット端末に参入か、今度はXperia Tabletに対抗へ



VAIO Phoneに続いて、タブレット端末をVAIOが開発する可能性が浮上しました。詳細は以下から。

VAIO expected to become strong competitor to Sony in smartphone industry

台湾メディア「DIGITIMES」によると、昨年ソニーから投資ファンド・日本産業パートナーズに売却されて独立した「VAIO」に対し、スマホ業界でソニーの強力なライバルになるのではないかと業界関係者が期待を寄せているそうです。

すでにVAIOは新たなノートパソコン「VAIO Z」の最新モデルを発売し、「VAIO Phone」の発売にこぎつけていますが、生産を受注している台湾メーカー・Quanta Computerなどが恩恵にあずかっているとのこと。さらに「将来的にはVAIOがタブレット端末を発売することも期待される」と報じられています。

あくまで確定情報ではないものの、そのような話が業界関係者の間で流れているのであれば、期待せざるを得ないVAIOのタブレット。

QualcommやMediaTekに押されてシェアを獲得できず、自社製プロセッサを採用したメーカーに対して補助金を支給しているintelなどと提携すれば、比較的安価なタブレットで攻勢をかけることも可能だと思われるため、今後の動向が気になるところです。

・関連記事
格安スマホ「Xperia J1 Compact」正式発表、VAIO Phoneとわずか3800円差で性能は段違い | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホ「VAIO Phone」「Xperia J1 Compact」、どちらが買いなのか比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

【解説】「VAIO Phone」は何故2万円高く設定してあるのか | BUZZAP!(バザップ!)

「VAIO Phone」正式発表、「ELUGA U2(3万円)」と同モデルを5万1000円で販売する暴挙に | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホ「Zenfone 2」日本発売確定、ドコモやau、ソフトバンク回線で利用可能に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング