【追記あり】ルミネの最新CMがセクハラに塗れた「史上最悪の完全なクソ」であると大炎上→公開停止、謝罪

このエントリーをはてなブックマークに追加



ルミネの最新のCMシリーズが女性に対し「セクハラに耐えて男の期待に応えること」を押し付ける最低最悪の内容であると大炎上しています。詳細は以下から。

先月ダンスユニットAyabambiの登場するCMで大きく話題となったルミネですが、今度は全く逆の意味で大炎上しています。3月17日にYouTube上で公開されたのは「ルミネが働く女性たちを応援するスペシャルムービー」と銘打たれているドラマ仕立てのシリーズCM「LUMINE Special Movie」の第1話。

出勤中の女性会社員が会社入り口で同僚の男性社員に突然「顔疲れてんな~残業?」と聞かれ「いや、普通に寝ましたけど」と答えると「寝てそれ?フッハハハハ」と嘲笑されます。この時点で明確にセクハラ。


次に出てくるのが「アラサーちゃん」に出てくる「ゆるふわちゃん」を思わせる男性ウケの良さそうな女子。「髪切った?」「巻いただけですってぇ」のやり取りの後に「やっぱかわいいなぁ、あの娘」とふたりに聞こえよがしに同僚男性。引き続きセクハラです。


女性社員が「そうですねぇ、いい子だし」と返すと「大丈夫だよ。吉野とは需要が違うんだから」と男性社員。そして画面いっぱいに

【需要】じゅ・よう
求められること。
この場合、「単なる仕事仲間」であり
「職場の華」ではないという揶揄。


と表示し、完全にセクハラであることをわざわざ文字で説明しています。


そして「変わりたい?変わらなきゃ」と続き、女性が職場という空間においても男性からのセクハラに耐え、男性の好みに合うように変わっていきましょうという明確なメッセージが発せられます。


最後に「ルミネも変わる。」としてルミネ自体がこうした方向性にコンセプトを転換していくことを宣言し、CMは終わります。


実際のCMは以下から。閲覧にはご注意下さい。

LUMINE Special Movie 第1話 - YouTube


何から何までが酷すぎてどこから批判すればいいのか迷うレベルの酷さです。男性社員からの酷いセクハラ描写がある事自体は批判的な文脈であればアリなのかもしれません。しかしこのCMではそのセクハラは一切批判の対象とならず、女性社員の「男性から見た『職場の華』としての魅力の無さ」を変えるべき理由として描写されています。

そして変わるべき到達点として示される、おそらく本当に「いい子」であろう「職場の華」のゆるふわ女性社員との対置もこの上ない悪意に満ちており、女性それぞれの個性を男性から見た「需要」というものさしで優劣を断ずる作りとなっています。つまり、男性は女性に対して要求する立場であり、女性はそれに応じた「供給」を行う形で「変わらなきゃ」いけないという発想。

いったいなぜルミネがこうした男尊女卑を前面に押し出したCMをこの時代に作ってしまったのか、公開までの過程で待ったをかける人間がいなかったのか、謎としか言いようがありません。

しかし、先日紹介して大きな反響のあった女性向けファッション誌ViViの「プロ彼女」も男性目線で都合のよい女性であることを目指す特集を組んでおり、考えたくないことですがファッション業界のトレンドとなっている可能性もあります。しかしなぜこの時代にこんなものが、という疑問は消えません。

女性向けファッション誌ViViの提唱する「プロ彼女」が単なる「都合のいい女」でしかないと大炎上 | BUZZAP!(バザップ!)

もちろんネット上ではこのCMは大炎上。ツイッターでもトレンド入りを果たしていますが当然のように大きな批判の嵐で、ストレートにクソ扱いしている人が男女問わず大多数となっており、#ルミネボイコットなるハッシュタグも登場する事態にまで発展しています。




こちらのブログ記事では動画の評価がマイナスで埋め尽くされていると書かれていますが、既に動画の評価数はルミネに寄って見えない設定に変えられており、なんとも姑息。

ルミネの働く女性たちを応援するCMが酷い内容だった - 田舎で底辺暮らし

ここから大きく物語が展開して共感を得る結末に向かっていく、いわゆる「炎上商法」的な手法ではないかとの憶測もありましたが、同日に公開された第2話でも残念ながらその徴候は見られません。

こちらは会社の飲み会。ビールの追加注文をこなす主人公の吉野さんと男性社員に囲まれるゆるふわ女性社員。「これが需要か…」とつぶやく吉野さん。


そこに草食系風なイケメン男性社員が「吉野さんって歴史好きってホントですか?」とビールを注ぎながら尋ねてきます。


降って湧いた「需要」に思わず歴女としてのトークが炸裂してしまう吉野さんに男性社員が引いてしまいます。


なぜか唐突に「歴史が好きな人、美人が多いってホントですね…」と語りかける男性社員。そしてあたふたとして自虐的な歴史ネタが暴走する吉野さん。そこで表示されるのが

【自虐】自虐
自分で自分を貶めること。
素直に褒め言葉を受け入れられない女子は
これが癖になりがちである。


そして再び「変わりたい?変わらなきゃ」と表示され、男の前では嬉しくても出しゃばらずに控えめであれ、ぎこちない男性からの「需要」に男性が満足する「供給」をしろ、そんなメッセージが再び突きつけられます。


動画は以下から。

LUMINE Special Movie 第2話 - YouTube


Ayabambiの唯一無二の個性や存在感を全面的に打ち出して好評を得た前CMを全否定したとも言える、このセクハラ上等、男尊女卑の価値観をがらりとひっくり返す超展開が待ち受けているのでしょうか。このCMシリーズの行方はルミネの今後をも揺るがすことになりそうです。

【追記】
漫画家の中村珍さんもこのCMに対して非常にご立腹されており、以下の様な「結末案」のマンガをアップしており、大きな共感を呼んでいます。

雑記(1):時事感想/話題のCMを見たぜ|月刊コミック無職【中村珍】|note

16時半現在、問題のシリーズの第1話、第2話ともに非公開となり、以下の様な「お詫び」が公式HPに掲載されています。しかし、「ご不快に思われる表現」とのことですが、快不快の問題ではなくセクハラと男尊女卑の発想が批判されているということを理解しているのか、ここから読み取ることはできません。

この度は、弊社の動画においてご不快に思われる表現が

ありましたことを深くお詫び申し上げます。

今後はこのようなことのないよう、十分に注意してまいります。


株式会社 ルミネ

ルミネトピックス LUMINEより引用)


ルミネの法則―売れない時代に売り続ける強さの秘密
西川 立一
ぱる出版
売り上げランキング: 515,485

・関連記事
女性向けファッション誌ViViの提唱する「プロ彼女」が単なる「都合のいい女」でしかないと大炎上 | BUZZAP!(バザップ!)

「LGBTは社会を乱す」渋谷で反同性愛デモ発生、自民党・谷垣幹事長も同性婚に懸念を表明し、二丁目のゲイバーは摘発強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

なぜ青と黒が見えないのか?あの「白と金」か「青と黒」か、のドレスを使った強烈なキャンペーン | BUZZAP!(バザップ!)

ツイッターを席巻している「レイバンのサングラス」スパム、原因や対策をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】三原じゅん子議員、国会で大日本帝国の政策標語「八紘一宇」こそが日本のあるべき立ち居振る舞いであると熱弁 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加