解約金5万円台も、ドコモの「端末購入サポート」対象機種が続々拡大中

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが短期解約を阻止するための施策として、解約金を4万円に引き上げる「端末購入サポート」を人気のXperiaシリーズ2機種に導入したことを2月にお伝えしましたが、1ヶ月が経過した今、対象機種がどんどん拡大しています。詳細は以下から。

キャンペーン詳細(端末購入サポート) | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ


公式通販サイト「ドコモオンラインショップ」によると、2015年3月26日現在、端末購入サポートの対象機種となったのは以下の7機種。Xperia Z3、Xperia Z3 Compactの2機種から一気に拡大しています。

Xperia Z3 SO-01G
Xperia Z3 Compact SO-02G
AQUOS ZETA SH-01G
Disney Mobile on docomo SH-02G
Disney Mobile on docomo SH-05F
GALAXY S5 SC-04F
SH-01F DRAGON QUEST


なお、対象機種であっても端末購入サポートが適用されるかどうかは買い方(新規契約、機種変更、MNP)によって異なりますが、規定利用期間内に以下のような手続きを行った場合、解除料として割引額返還を求められます。

1. 機種変更を行った場合
2. FOMAへ契約変更を行った場合
3. 回線の解約、電話番号保管を行った場合
4. ドコモの指定パケットパックの廃止・廃止予約、ドコモの指定パケットパック以外への変更・変更予約を行った場合


さらに以前は3万円前後であった返還する割引額も、一部機種では4万4496円(SH-01F DRAGON QUESTの場合)にまで拡大。もし回線自体の解約・MNPであれば契約解除料9500円も別途発生するため、支払額は5万円を優に超えることになります。

購入したスマホを短期解約し、中古(白ロム)市場に流すユーザーへの対策と思われる一連の施策。主戦場であると思われるiPhoneが含まれていないのが気になるところですが、縛りをかけづらい事情でもあるのでしょうか。

・関連記事
機種変更でも本体一括0円、ドコモがスマホを捨て値で在庫処分中 | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホ「Zenfone 2」日本発売確定、ドコモやau、ソフトバンク回線で利用可能に | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホで激突する「VAIO Phone」「Xperia J1 Compact」、どちらが買いなのか比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  2. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. 1万円台の格安スマホ「UMIDIGI A7 Pro」が大きく値下げ、4眼カメラに大容量バッテリー搭載

モバイルに関連した楽天商品ランキング