Apple Watch最大の弱点を克服できるバッテリー内蔵リストバンド「WiPowerBand」

このエントリーをはてなブックマークに追加



Apple Watchが欲しいけれどバッテリーの動作時間が気になって、買うのを躊躇してしまった……という人が考え直してしまうかもしれないガジェットが登場しました。詳細は以下から。

WiPowerBand

Apple Watchの最大の弱点は「バッテリーの持ち時間」でした。その弱点を補うことのできるリストバンド「WiPowerBand」が注目を集めています。

WiPowerBandの特徴は、200mAhのバッテリーを搭載したリストバンドで、腕に付けたままの状態でもマグネット式充電部からApple Watchを充電できる仕組みを採用しています。

バンド自体の重さは20グラムと軽量で、腕に付けても重さを感じさせない点がポイント。Apple Watchの本体背面に搭載されたセンサーを遮蔽したり、邪魔しないようなデザインになっています。


WiPowerBandは、38mmと42mmのベルト幅と、4色のカラー(青、オレンジ、ピンク、黒)から選択することができます。


価格は、38mm幅が89ドル(約1万618円)、42mmが99ドル(約1万1818円)で予約を受け付けています。出荷については2015年5~6月の予定とのことです。

なおWiPowerBandは、「Apple Watch Sport」「Apple Watch」「Apple Watch Edition」の38mm、42mm幅ベルトモデルに対応しています。

・関連記事
iOS 9発表も、Appleが「WWDC15」の開催日を6月8日~12日に決定 | BUZZAP!(バザップ!)

いやむしろこれ欲しいだろ…とある腕時計のパロディ作品「Apple 2 Watch」にシビれる | BUZZAP!(バザップ!)

Apple Watchを米大手紙などが「期待外れ」と酷評、実機レビューが荒れる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

「Apple Watch」が類を見ない生産台数に、ソニーやSamsungを抜き去りシェア過半数獲得へ | BUZZAP!(バザップ!)

最高級モデルは218万円、Apple Watchの販売価格が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加