ソフトバンクモバイル、商号変更で本日から「ソフトバンク」に



ソフトバンクモバイルが予定通り本日から商号を変更しました。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、本日から今までの「ソフトバンク株式会社」は「ソフトバンクグループ株式会社(SoftBank Group Corp.)」に、「ソフトバンクモバイル株式会社」は「ソフトバンク株式会社(SoftBank Corp.)」になるそうです。


なお、ソフトバンクは今年4月にワイモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコムの3社をソフトバンクモバイルへと統合済み。今回の商号変更で固定回線、携帯電話ともども「ソフトバンク」が提供することとなります。

商号変更について | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

[2CS] アサヒ 十六茶 (2L×6本)×2箱
アサヒ飲料 (2015-02-03)
売り上げランキング: 21

[2CS] 爽健美茶  (2.0L×6本)×2箱
コカ・コーラ (2015-02-23)
売り上げランキング: 52

[2CS]伊藤園 おーいお茶 緑茶 (2L×6本)×2箱
伊藤園
売り上げランキング: 48

・関連記事
ソフトバンクがMVNO(格安SIM)推進へ、子会社「SBパートナーズ」立ち上げ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの携帯電話シェア初の減少、契約数のダブルカウントついに見直し | BUZZAP!(バザップ!)

ワイモバイルがAXGP使い放題の「Pocket WiFiプランL」発表、3年縛り&3日間で1GB制限あり | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの「通信速度1位」のカラクリが明らかに、ヒントは「通信の最適化」 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクのスマホだけゲーム起動不能、データを強制圧縮(劣化)させる「通信の最適化」が原因 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング