NVIDIAがスマホから撤退、Tegraシリーズ普及ならず



高性能なモバイル向けプロセッサ「Tegra」シリーズを手がけるNVIDIAがスマートフォンから撤退します。詳細は以下から。

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】CPUコアとプロセス技術の移行を進めるNVIDIAの戦略 - PC Watch

インプレスが報じたところによると、NVIDIAの代表Jen-Hsun Huang氏が6月に開催された「COMPUTEX」の際に、以下のように述べ、強力な競争相手がいるスマホ市場から退くことや、すでにモデム技術の開発を止めると決定したことを明かしたそうです。

「我々は、電話(スマートフォンなど)はもうこれ以上やらないと決定した。その理由は、私が、電話は、既にほぼ終わっていると考えているからだ。電話は既に日用品となってしまっている。もちろん、私も電話を毎日使う。しかし、その市場に貢献しようという強い欲求は感じない。なぜなら、既にこの市場には強力な競争相手が多数いるからだ。

 そのため、我々の今の電話戦略は、我々が作り上げた世界最上のGPU技術を、誰でも望んでいるメーカーにライセンスすることだ。だが、我々自身が電話を作るべき理由は何もない。また、それが、我々が無線モデム技術開発を止めると決定した理由の1つでもある」


NVIDIAのTegraシリーズはかねてから「Snapdragon以外の選択肢」として有力視されていたものの、Tegra 3と自社開発モデムを採用した富士通製の2012年夏モデルスマホ「ARROWS X F-10D」が恐ろしいほど発熱する事態に。


発熱や不具合の連発は訴訟沙汰にまで発展し、富士通製スマホの評判を地に落としたことは記憶に新しいですが、一方でTegra 3がGoogleの「Nexus 7」に採用されるなど、タブレット分野では比較的安定して採用されていました。

しかしスマホ向けの需要は伸びず、2013年にはLTEモデムを統合した「Tegra 4i」を発表したものの、状況が改善する気配は一向に無かったため、今回の決定はやむを得ないものだと思われます。

・関連記事
あまりに売れないARROWS、富士通が廃棄処分にしていたことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

NVIDIAが新プロセッサ「Tegra X1」発表、Xbox One相当のグラフィックをモバイルで実現 | BUZZAP!(バザップ!)

不具合・発熱で訴訟も起きた「ARROWS X」、ユーザーの7割が1日に5回以上の充電を強いられていた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング