WiMAX 2+の「3日間で3GB制限」をUQが見直しへ、当面は規制後の速度が向上

このエントリーをはてなブックマークに追加



UQコミュニケーションズが「WiMAX 2+」で3日間で3GB以上通信した場合に、通信速度が1Mbpsに減速される「3日間で3GB制限」を見直すことになりました。詳細は以下から。

UQコミュニケーションズからみなさまへのお知らせ|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX 2+


UQコミュニケーションズの告知によると、同社が4月から運用を開始した「3日間で3GB」の速度制限の件について、運用に至った経緯を以下のように説明しています。

弊社は、2013年10月のWiMAX 2+サービス開始時に、2015年4月から、「3日間で1GB」を超えたお客様には、いわゆる「速度制限」と呼ばれる規制の導入をご案内させて頂きました。また、2015年1月の220Mbpsのサービスを実現する「ギガヤバ革命」の発表時に、「3日間で3GB」を超えたお客様に対する速度制限を導入する旨をご案内させて頂きました。

弊社としては、お客様の利便性と電波の公平な利用のバランスを勘案した結果、速度制限の対象を当初ご案内していた「3日間で1GB」ではなく、その3倍の「3日間で3GB」に拡大し、かつ規制後の速度についても、YouTube動画の標準画質レベルがご覧いただける速度を基準とした運用にさせて頂いた次第でございます。


そして実際に速度制限を運用開始したところ、ユーザーから広告表現などについて数多くの意見要望が寄せられたため、今後の広告表現などについては、より分かりやすく誤解のない内容に速やかに改善していくとのこと。

また、「3日間で3GB」制限についても、ユーザーの意見を参考に、より利便性の高い運用方法を検討するとのことで、その準備が整うまで、「3日間で3GB」の方式については従来通りではあるものの、規制後の速度については現行よりもさらに速度を上げ、規制後の不便を緩和する方向で運用するとしています。

ちなみにUQコミュニケーションズは3日間で3GB制限の運用法について、以下のように解説。まずは通信制限がかからない利用イメージ。使いすぎた日があっても、3日間で3GB以内に収まっていれば基本的に制限はかかりません。


しかし3日間トータルの通信量が3GBをオーバーすると、翌日昼ごろから翌々日昼ごろまで速度制限。なお、3日間トータルの通信量が3GBを下回るまで規制は続きます。


ちなみに1日50GB通信した場合でも、3日後には制限が解除されます。「3日間で3GB制限」は、決して月間30GBまでしか使えないというわけではありません。


なお、従来の速度制限時の通信速度は、目安として「YouTube動画の標準画質が見られるレベル」でしたが、より利便性の高い運用方法の準備が整うまでの間、それを上回る速度になるとしています。

・関連記事
スマホユーザーを一撃で速度制限に叩き込む恐ろしい写真が公開中 | BUZZAP!(バザップ!)

使い放題のはずの「SoftBank Air」に通信制限導入へ、305ZTの悪夢再びか | BUZZAP!(バザップ!)

3日間で1GB制限なのに「さよなら速度制限」、ワイモバイル「305ZT」の店頭広告がひどい | BUZZAP!(バザップ!)

ワイモバイルがAXGP使い放題の「Pocket WiFiプランL」発表、3年縛り&3日間で1GB制限あり | BUZZAP!(バザップ!)

WiMAX 2+の「3日間で3GB」制限本格スタート、発動条件や通信速度をチェックしてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加