携帯各社が2年縛り改善、1年契約の新料金プラン導入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



かねてから取りざたされている携帯電話の2年縛り見直しで、各社が新プランを導入することになりました。詳細は以下から。

時事通信社の報道によると、総務省の有識者会議は利用者保護の観点から、携帯各社に対して2年単位の契約期間を自主的に改善するよう要請したそうです。

これを受けて携帯各社は新料金プランの導入に向けて検討を始めたとのこと。

現在、携帯各社はスマホ向け通話定額プランとして「2年縛りで月額2700円」「縛り無しで月額4200円」の2種類を設定。前者では2年以内に解約した場合、違約金として9500円の契約解除料が発生します。

そして検討されることになった新料金プランは「1年縛りで月額3500円」で、違約金は5000円程度を想定。2年契約の違約金についても、利用期間に応じて段階的に引き下げることが視野に入れられています。

時事ドットコム:携帯各社、新料金導入へ=「2年縛り」改善で

・関連記事
ワイモバイルがAXGP使い放題の「Pocket WiFiプランL」発表、3年縛り&3日間で1GB制限あり | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの携帯電話シェア初の減少、契約数のダブルカウントようやく見直し | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが6年5ヶ月ぶりにMNP転入超過、ソフトバンクは8年3ヶ月ぶりに転出超過の一人負けに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加