「Xperia Z5」をモデルごとに解説・比較、カメラがZ1以来の大刷新&世界初の4K液晶も

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほどソニーが正式発表した「Xperia Z5」を高解像度画像付きで解説します。詳細は以下から。

◆Xperia Z5
まずはメインモデル「Xperia Z5」。5.2インチフルHD(1920×1080)トリルミナスディスプレイを備えたモデルです。


カラーバリエーションは4色。全体的に落ち着いた色合いです。


◆Xperia Z5 Compact
4.6インチHD(1280×720)トリルミナスディスプレイを備えたコンパクトモデル。


カラーバリエーションは4色。ピンクやイエローなど、尖った色合いがラインナップされています。


◆Xperia Z5 Premium
世界初となる5.5インチ4K(3840×2160)トリルミナスディスプレイを備えたフラッグシップモデル。フルHDの4倍という、圧倒的な解像度を実現した究極のスマホで、ネットフリックスやYouTubeなどの4K動画を単体で楽しめるバケモノじみた性能に。


カラーバリエーションはシックな色を中心に3色。


◆Xperia Z5シリーズの主な刷新点
・カメラ
まず、Xperia Z5で大きく見直されたのがカメラ。実にXperia Z1以来の抜本的な見直しで、1/2.3インチのExmor RS for mobileセンサーを採用した、広角24mmの2300万画素カメラを搭載。


新たに搭載された「ハイブリッドオートフォーカス」により、わずか0.03秒でピントを合わせられるほか……


「クリアイメージズーム」によって、画質を劣化させることなく最大5倍まで拡大可能に。


新型センサー採用で、ただでさえ夜景に強かったXperiaシリーズが、よりノイズやブレが少なく、夜景をキレイに撮影できるようになりました。


フロントカメラはExmor R for mobileセンサー採用で500万画素。広角25mmと防水によって、「土砂降りの中みんなで記念撮影」といった、極限の状況でも自撮りできます。


カメラについてはこちらの動画を見ると分かりやすいと思われます。


・指紋認証
電源ボタンの形状が刷新され、全モデルで指紋認証が可能になりました。


・4Kディスプレイ
今回最も驚くべきポイントがここ。「Xperia Z5 Premium」には今まで発売されたどのスマホよりも高精細(806PPI)な4K液晶が搭載されており、4Kテレビなどに接続する必要なく4Kコンテンツをそのままの画質で視聴可能に。


もちろん今までのコンテンツも4Kディスプレイ用にアップスケーリングしてくれるという、とんでもない仕様。スマートフォン上で見られる画像や動画をキャッシュし、プロセッサとデバイス間のデータ転送を最適化することで、バッテリー消費を抑えるディスプレイメモリ技術も採用されています。


◆各モデルの主な仕様を比較
・ディスプレイ
Xperia Z5:5.2インチフルHD(1920×1080)
Xperia Z5 Compact:4.6インチHD(1280×720)
Xperia Z5 Premium:5.5インチ4K(3840×2160)

・プロセッサ
いずれもSnapdragon 810

・RAM/ROM
Xperia Z5:3GB/32GB
Xperia Z5 Compact:2GB/32GB
Xperia Z5 Premium:3GB/32GB

・メインカメラ
1/2.3 Exmor RS for mobileセンサー採用、広角24mm、2300万画素カメラ

・フロントカメラ
Exmor R for mobileセンサー採用、広角25mmの500万画素カメラ

・バッテリー
Xperia Z5:2900mAh
Xperia Z5 Compact:2700mAh
Xperia Z5 Premium:3430mAh

・Wi-Fi
Xperia Z5 CompactのみMIMO非対応

いずれのモデルもスタミナモードを利用すれば2日間駆動するほか、クアルコムの「Quick Charge 2.0」に対応しており、専用充電器を利用すれば10分の充電で5.5時間、45分の充電で1日利用可能。全体的にXperia Z3→Z4での刷新がマイナーチェンジだったことが良く分かる変わりっぷりとなっています。

さらにハイレゾ対応ノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-NC750」や、専用カバーケースも発売予定です。



なお、気になる発売時期はXperia Z5およびXperia Z5 Compactが2015年10月。Xperia Z5 Premiumは11月の予定で、Z5およびZ5 PremiumはシングルSIM、デュアルSIMモデルが展開されます。

・関連記事
「バッテリー食うだけだから4Kディスプレイは不要」、スマホメーカー幹部が高解像度化に苦言 | BUZZAP!(バザップ!)

スマホ向けの「11K(10560×5940)」ディスプレイ開発へ、正気を疑うような解像度に | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】期待の「Snapdragon 820」に発熱問題浮上、スマホ買い替えは2016年秋まで待つべき? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加