iPad Proより巨大な16インチタブレット「AQUOSファミレド」をシャープが発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



経営再建中のシャープが超巨大なタブレット端末を発表しました。詳細は以下から。

シャープのプレスリリースによると、同社が11月15日に発売する新型タブレット端末「AQUOSファミレド」はOSにAndroid 4.4.4を採用した「ホームタブレット」というカテゴリーの製品。

16インチHD(1366×768)タッチパネル液晶やRK3188(1.6GHz、クアッドコア)、1GB RAM/8GB ROMを備えた防水タブレットで、チューナーBOXをワイヤレス接続することで家中どこででもテレビを視聴できるほか、USB外付けハードディスクを接続すれば、テレビ番組の録画も可能です。


なお、シャープは「AQUOSファミレド」を、テレビ番組を表示したままアプリケーションやインターネットを楽しむこともでき、フロントカメラ(200万画素)や内蔵マイク、スピーカーを用いたテレビ電話もできる、テレビとタブレットを融合したモデルと位置付け。

なかなか意欲的な製品ですが、気になる本体サイズは39.5cm×2.4cm×25.4cm、重さは約1.9キロで、タブレット端末というよりは、「家の中を持ち歩ける小型テレビ」といったところ。

処理能力もさほど高くないため、あくまでAndroidタブレットとしての機能はオマケ的な位置付けであると考えたほうが良さそうです。

テレビ機能付ホームタブレット“AQUOSファミレド”<HC-16TT1>を発売|ニュースリリース:シャープ

・関連記事
とうとうシャープが看板の液晶事業を売却を検討、ジャパンディスプレイなどが候補に | BUZZAP!(バザップ!)

家電メーカー各社、今ごろになってようやくデザインの重要性に気付く | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 7への採用に期待、シャープが5.5インチ4K対応IGZOディスプレイを開発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加