iPhone 7への採用に期待、シャープが5.5インチ4K対応IGZOディスプレイを開発



すでにノートパソコンなどで使用されている4KのIGZOディスプレイですが、シャープがさらに小さい5.5インチの4KIGZOディスプレイを開発中と発表しました。詳細は以下から。

Sharp announces 5.5-inch 4K display with jaw-dropping 806ppi density|Neowin

スマートフォンに搭載されているディスプレイは、画素数が1440×2560ピクセルのWQHDディスプレイが一部のハイエンドモデルで主流となりはじめていますが、シャープが開発した高開口化率技術により画素密度を806ppiとさらに細かくすることに成功。これによって5.5インチと小さいディスプレイでも、4K(2160×3840ピクセル)を実現することが可能になりました。


この新しいIGZOパネルは、2016年には大量生産に入ることが予想されており、遅くとも2016年の終わりから2017年の初めの頃に登場するスマートフォンに搭載されるといわれています。

しかし、これだけ高精細なディスプレイを活かすには、搭載するスマートフォン自体のCPUやメモリなどの処理速度、バッテリーで稼働時間や省電力化など、スマートフォン自体のスペックをさらに向上させていく必要があり、実際大手スマホメーカー・Huaweiの幹部はさらなる高解像度化に苦言を呈しています。

ただしスマホの高性能化も著しく、低い消費電力で高いグラフィック性能を実現できるようになった新型プロセッサが相次いで登場しているため、もしかすると「iPhone 7」をはじめ、2016年発売のフラッグシップスマートフォンは4Kディスプレイを当たり前のように搭載することになるのかもしれません。

・関連記事
「バッテリー食うだけだから4Kディスプレイは不要」、スマホメーカー幹部が高解像度化に苦言 | BUZZAP!(バザップ!)

4Kテレビが10万円割れ、価格は1年前の半額以下に | BUZZAP!(バザップ!)

やはり日本市場は特殊?世界のスマホで主流の解像度が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

4Kディスプレイや2000万画素カメラが当たり前に、2015年はスマホの高性能化競争再燃へ | BUZZAP!(バザップ!)

スマホ向け有機ELディスプレイ本格普及か、ついに液晶と同じ価格に引き下げへ | BUZZAP!(バザップ!)

裸眼なのに3Dに見える、シャープが本気を出した「フルスペック8Kテレビ」 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング