UQコミュニケーションズがau回線の格安スマホ事業に参入、KDDIバリューイネイブラーを吸収

このエントリーをはてなブックマークに追加



「UQ WiMAX」でおなじみのUQコミュニケーションズが本日、au回線の格安スマホ「UQ mobile」を手がけるKDDIバリューイネイブラーを吸収し、新たなステージへと踏み出しました。詳細は以下から。

UQ WiMAX × UQ mobile ついに始動。


本日立ち上げられた特設サイトによると、UQコミュニケーションズは本日10月1日付けでKDDIバリューイネイブラーを吸収することで、今までのWiMAXルーターに加え、auのLTE通信に対応した「UQ mobile」ブランドのスマートフォンを提供するそうです。

これを受けて家電量販店のUQ mobile売り場にはUQのマスコットキャラクター「ブルーガチャムク」が登場することになります。


今回の合併によって、ソフトバンクとワイモバイルのような関係になると思われるKDDIとUQコミュニケーションズ。

いずれはauの旧機種をUQ mobileのSIMカードとセット販売したり、UQ mobileブランドでリリースされるスマホがWiAMX 2+に積極的に対応するようになるのでしょうか。

・関連記事
UQ mobileの通信速度を格安SIMが1Mbps割れを起こす「平日12時台のオフィス街」で測定してみたら驚きの結果に | BUZZAP!(バザップ!)

「Nexus 5X」「Nexus 6P」徹底解説、ついにauのプラチナバンドLTEに対応 | BUZZAP!(バザップ!)

格安SIM(MVNO)の1Mbps割れが常態化、選ぶ際は注意が必要に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加