ドコモが「Xperia A」「Galaxy S4」の下取り価格を2万1600円に大幅引き上げ、流出を警戒か

このエントリーをはてなブックマークに追加



「ドコモのツートップ」として2013年夏に売り出された「Xperia A」「Galaxy S4」に対し、ドコモが機種変更時の下取り価格を大幅に増額しました。詳細は以下から。

都内量販店での告知によると、ドコモは今月から「Xperia A」「Galaxy S4」の下取り価格を税込2万1600円へと引き上げ、機種変更を促しています。


ドコモ公式サイトでも下取り価格は同じ。下記の下取り額は2015年10月31日(土)まで有効とされています。



なお、Galaxy S4の下取り価格は従来540円だったのに対し、Galaxy S6シリーズ発売に合わせる形で今年5月に5400円へ増額。今回の更なる引き上げで、実に下取り額が40倍にも膨らんだことになります。

後発機種「Galaxy S5」や「Xperia Z3」などよりも下取り価格を積み増ししたドコモ。背景にはツートップの2年縛りが切れ、他社へユーザーが流出することへの警戒があるとみられますが、引き続きドコモを使い続けるのであれば、ツートップユーザーは下取りを利用したほうが良さそうです。

・関連記事
ツートップ戦略でメーカーを切り捨てたNTTドコモは「悪者」なのか | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの利便性最悪、携帯各社の新プラン「スーパーカケホ」「カケホーダイライト」「スマ放題ライト」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone 6s本体価格を比較、ドコモのMNP偏重が浮き彫りに | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話の「2年縛り」見直しがいきなり有名無実化、戦犯はソフトバンクとドコモ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加