画質が大幅に向上したNexus 5X、Nexus 6Pはソニー製カメラセンサー採用、分解結果から明らかに



先日Buzzap!でXperia Z5、iPhone 6s、Nexus 5X、AQUOS ZETA、arrows NXなどの2015年冬モデルスマホのカメラを比較したところ、Nexus 5Xの画質が抜きん出ていたことをお伝えしましたが、その理由が明らかになりました。詳細は以下から。

こちらはIT製品分解サイト「iFixit」が公開した、Nexus 5Xの分解レポート


2700mAhのリチウムポリマー電池を採用していることが分かります。


基盤部分はこんな感じ。


分解から判明した、Nexus 5Xのカメラモジュールはソニーが今年4月に発表した新型CMOSセンサー「IMX377(1230万画素)」。裏面照射型積層型構造の「Exmor RS」ではなく、裏面照射型の「Exmor R」シリーズに属するセンサーで、F2.0のレンズを搭載。なお、Nexus 6Pにも同じものが採用されています。


ちなみにNexus 5Xのカメラには光学手ブレ補正が搭載されていないものの、代わりにピクセルサイズを1.4マイクロメートルから1.55マイクロメートルへと大型化することで、光を取り込みやすくしています。

そのほかのモジュール一覧。Snapdragon 808とSamsung製の2GB RAM、東芝製の16GBフラッシュメモリなどを備え、急速充電を実現するクアルコムの「Quick Charge 2.0」用ICを搭載しています。


XperiaやiPhoneはもちろん、高画質カメラをうたうスマホに欠かせない存在となったソニーセンサー。

しかし同じソニー製センサーを搭載していても、Nexus 5X(左)とarrows NX(右)のように画質に大きな差が生まれるケースは多々あるため、最後はメーカーの画づくりのノウハウやチューニングがモノを言うようです。

・関連記事
【カメラ画質比較】Xperia Z5、iPhone 6s、Nexus 5Xなど2015年冬モデルで夜景を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが新型Xperiaに複眼カメラ採用か、東芝のCMOSセンサー事業取得で生産力拡大へ | BUZZAP!(バザップ!)

Xperia Z5/Z5 Compact/Z5 Premiumで4K動画撮影実験、発熱に一番強いモデルが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 超格安スマホ「POCO C40」爆誕、ユニークすぎるプロセッサで低価格を実現
  2. 【朗報】Xiaomi「POCO F3」大容量モデル値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル
  4. 「Pixel 7」の第2世代Tensorは処理能力がほとんど向上しない可能性、競合各社に大きく後れを取る性能に
  5. 「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万5000円に、120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング