ただの「白紙」が奥行きと厚みを持った幽玄な世界へと変わるAngela Glajcarの世界

このエントリーをはてなブックマークに追加


何も描かれていない白い紙、それが世界の奥深さを表すこともあるのです。詳細は以下から。

アーティストが表現のために選ぶ素材は驚くほど様々。ドイツの造形作家Angela Glajcarさんがその中から選んだのは極めてポピュラーな「白紙」でしたが、彼女はそれを「白紙」のまま用いることを選びました。

破られ、レイヤー状に吊るされている白紙は既にただの白い紙ではなく、エキシビションのタイトルの「“Weiss Ist Das Neue Schwarz” (“White is the new black”)」に違わず、まるで闇を湛えた深い洞窟のようです。











ただの白い紙も発想を変えれば全く別の素材となってきます。あなたの身の回りのありふれたものも、全く違った可能性を持っているのかもしれません。

Angela Glajcar’s Astonishing Sculptures Made from White Paper Hi-Fructose Magazine

マルアイ マス目模造紙 白 20枚 マ-21
マルアイ
売り上げランキング: 2,330

・関連記事
むしろ古き神々のよう、セネガルの汚染地帯のゴミを用いたファッションフォトが荘厳 | BUZZAP!(バザップ!)

巨大ロボット×20世紀前半の東欧世界を描いたサイバーパンク絵画の世界観がヤバい | BUZZAP!(バザップ!)

星々や銀河を閉じ込めた、吸い込まれそうなほど美しい、日本発の「宇宙ガラス」が世界で話題に | BUZZAP!(バザップ!)

クトゥルフ信奉者のための名状し難く冒涜的な2016年版カレンダーが発売される | BUZZAP!(バザップ!)

タトゥーが動き呼吸する、人体に映像を投影する「インク・マッピング」が妖艶な魔法の世界に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加