ついにSnapdragon 820の性能が明らかに、Apple A9などとの比較も



クアルコムの最新プロセッサ「Snapdragon 820」の性能が判明しました。詳細は以下から。

まずはSnapdragon 820のおさらい。カスタムCPU「Kryo」にGPU「Aderno 530」、カテゴリ12・13のLTE、60GHz帯を用いたIEEE 802.11ad準拠のWi-Fi対応などが目玉です。


Snapdragon 810と異なり、クアッドコア(2.15GHz×2+1.59GHz×2)構成を採用。毎秒1.5ギガピクセルを処理できるカメラISPは2つのカメラセンサーを同時に処理できます。


さらにハードウェアレベルでマルウェア対策が可能になるため、スマホの信頼性が向上します。


「Geekbench 3 Pro」で測定したCPUのベンチマークスコア。シングルコアあたりの性能では、Apple A9>Snapdragon 820>Exynos 7420>Snapdragon 808>Snapdragon 810……という順番になります。


マルチコアではSnapdragon 820>Exynos 7420>MediaTek MT6795の順番に。なかなか悪くないスコアではないでしょうか。


なお、Buzzap!でベンチマーク比較に用いる「3D Mark」でGPU性能を計測した結果はApple A9>Snapdragon 820>Snapdragon 805の順番に。


現行の他社製最新プロセッサ、Apple A9やExynos 7420と比べて、際立ったパフォーマンスの高さではないものの、順当に進化している印象を受けるSnapdragon 820。

処理能力よりも発熱が気になるところですが、レビュー元のサイトでは評価用見本を与えられただけで、スマホ本体の発熱についてはチェックできなかったとしています。

Testing Snapdragon 820

・関連記事
さらばSnapdragon、ソニー・LGに続いてXiaomiやLenovo、ZTEもスマホのプロセッサを自社開発へ | BUZZAP!(バザップ!)

Xperia Z5と並ぶ性能の「HTC J butterfly HTV31」をauが処分価格に | BUZZAP!(バザップ!)

最新のKirin 950採用スマホ「Huawei Mate 8」、Xperia Z5やGalaxy S6を圧倒する性能に | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】期待の「Snapdragon 820」に発熱問題浮上、スマホ買い替えは2016年秋まで待つべき? | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  3. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】ついにXiaomi「POCO X3 GT」3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング