auの1GBプラン「データ定額1」が3月23日提供へ、スマバリ適用で4000円割れも毎月割無し(端末代実費)に



いよいよライトユーザー向けプランをauが提供します。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社は3月23日(水)から、月間1GB通信できる新たなパケットパック「データ定額1(2900円)」を提供するそうです。

データ定額1は5分間の国内通話が何度でも定額になる「スーパーカケホ」と組み合わせられることができ、月額料金は4900円に。auスマートバリューと組み合わせた場合、毎月934円が割り引かれ、月額3966円で利用できます。


なお、各社が5分間の通話定額と組み合わせられるパケットパックを1GBないし5GBに設定しているのに対し、auは3GBの「データ定額3」も提供。「1GBは少ないけれど5GBは多い」というユーザーのニーズにも応えている点が特徴です。

auの1GBのデータ定額サービス「データ定額1」が3月23日より提供開始! | スマートフォン・携帯電話 | au

・追記
auが1GBの「データ定額1」23日開始、通話定額とセットで月4900円 - ケータイ Watch

インプレスの報道によると、データ定額1は端末の買い替え頻度が低く、同じ端末を長く使い続けるユーザーに向けたプランという位置付けのため、パケット定額プランに入ると本体代が割り引かれる「毎月割」の対象外とのこと。

7~9万円程度の本体価格から毎月割を差し引くことで、2年利用時の実質価格が3~5万円程度に抑えられているスマホですが、データ定額1だと割引無しの本体代金を支払わないといけなくなってしまうため、「最初の2年は毎月割が適用されるプランで契約し、2年経過後にデータ定額1に加入する」といった方法が一番現実的かもしれません。

・関連記事
KDDI(au)がまもなく2年縛りの自動更新廃止へ、大手3社で初 | BUZZAP!(バザップ!)

auがAndroid 6.0アップデート機種を公開、Xperia Z3が対象外でTORQUE G02は対象に | BUZZAP!(バザップ!)

auが「安心ケータイサポートプラス」拡充、新たな割引やアップグレードプログラム優遇も | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング