ユニバーサルサービス料が値上がり、月額2円から3円へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



2007年に導入以来、値下がりの一途をたどっていたユニバーサルサービス料が値上がりすることになりました。詳細は以下から。

携帯各社のプレスリリースによると、2016年7月利用分からユニバーサルサービス料金が1番号あたり月額2円から3円へと値上がりするそうです。

ユニバーサルサービス料は加入電話などの電話サービスを全国どの世帯でも公平に安定して利用できるようにするためのもので、2007年に導入。以下のような推移を見せています。

月額7円(2007年)→8円(2009年)→7円(2011年)→5円(2012年)→3円(2013年)→2円(2015年)→3円(2016年)

「ユニバーサルサービス料」の改定について | 2016年 | KDDI株式会社

「ユニバーサルサービス料」の改定について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

・関連記事
1GBたった150円!?格安スマホ「mineo」がパケットギフト解禁でとんでもないことに | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホさらに安価に、ドコモ・KDDI・ソフトバンクがMVNO向け接続料値下げ | BUZZAP!(バザップ!)

ユーザーの負担ゼロで2年縛り撤廃や長期割引拡充、ドコモの新料金プランはなかなかすごい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加