悲鳴続出?トイレに長時間こもると管理者に「通報」されるサービスが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Dave

トイレの個室を長時間使うと通報されるという恐ろしいサービスが登場してしまいました。詳細は以下から。

あなたはものを考える時、アイディアが煮詰まった時、リラックスしたい時、どうしますか?タバコを吸う、コーヒーを飲む、辺りを散歩する、それと同じようにトイレにこもるという人も少なくないのではないでしょうか?そんな人には紛れもない悲報です。

ファンブライト社はIoTを駆使し、トイレに一定時間以上入ったままだと管理者にメールで「通報」するというサービスを開発しました。

ドアの開閉を検知できるマグネット型の無線センサーを利用し、使用していない時はドアが開いた状態になるタイプのトイレの個室ドアに設置することで開閉状態を検知。無線センサーがドアの開閉を感知すると、別途設置するIoTゲートウェイ機器を経由して同社のクラウドサーバにデータをアップします。そしてドアを閉じられてから5分から24時間までの指定された時間を経過しても再びドアが開かない場合、指定のアドレスにメールで「通報」されてしまいます。


このサービスで利用されるEnOceanの無線センサーは室内こうで稼働するソーラーパネルを搭載しており、電池交換が要らず、軽量のため両面テープなどでも取り付け可能ということで、導入は極めて手軽です。

ファンブライト社はこのサービスの導入目的として「病院や介護施設などにおける、個室内で倒れてしまった人の救助」「駅構内、商業ビル、大型施設などがテロのターゲットにされることを防ぐための対策・抑制としての不審な行動の防止」などを挙げており、これは確かに極めて妥当ではあります。

しかし、それに加えて「オフィス、学校などでトイレ内に引きこもっている方の検知、サボり防止対策」というトイレの長時間利用の最もありそうな理由を防止するためにも適していると明示しており、声にならない悲鳴を上げる人も少なくなさそうです。そう。あれは「サボり」ではない、生産性を上げ、インスピレーションを降臨させるために必要な「チャージ」なんだと…。

IoTで「トイレの長時間利用」を通知するサービスを提供 - ファンブライト マイナビニュース

【トイレIoT】長時間、トイレ個室が利用中の際にメール通知 株式会社ファンブライト

(Photo by Dave


・関連記事
世界にたった1巻、1億円超えの黄金のトイレットペーパー | BUZZAP!(バザップ!)

Appleなんてクソ食らえ!と思っている人のためのトイレ「Apple Toilet」 | BUZZAP!(バザップ!)

トイレに行かずに働け!?ホンジュラスの米韓資本の企業が従業員におむつ着用を命じたとして弾劾される | BUZZAP!(バザップ!)

どうしてこうなった?高所恐怖症の人はどれだけ漏れそうでも絶対に入れないトイレ | BUZZAP!(バザップ!)

これぞ江戸しぐさ、おならでバトルする江戸時代の「屁合戦絵巻」がマジキチ過ぎると海外で繰り返し話題に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加