ドコモ加藤社長、退任へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモの加藤社長が退任することが緊急記者会見で発表されました。詳細は以下から。

NTTドコモの報道発表資料によると、2016年5月13日開催の取締役会において、加藤薰社長が退任し、新たに副社長の吉澤和弘氏が代表取締役社長として就任することが決定したそうです。

これは「新たな経営体制のもと、更なる発展をめざすため」とのことで、異動は2016年6月16日開催予定の定時株主総会及び取締役会において正式に決定される予定。

加藤社長は2012年就任で、「ドコモのツートップ」やドコモ版iPhoneの発売に踏み切ったほか、悲願のセット割引「ドコモ光」導入や、総務省とタッグを組むことで、KDDIやソフトバンクにユーザーが流出し続ける原因だったMNP優遇に歯止めをかけるなどの実績がある人物。

退任後は取締役相談役に就任予定とされています。

報道発表資料 : 役員等の異動 | お知らせ | NTTドコモ

・関連記事
ドコモが新機種の発売サイクルを半年から1年単位に変更 | BUZZAP!(バザップ!)

ユーザーの負担ゼロで2年縛り撤廃や長期割引拡充、ドコモの新料金プランはなかなかすごい | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの2016年夏モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加