米テスラ車が自動運転で初の死亡事故、トレーラーを認識できずブレーキ跡もなし

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Wikipedia

テスラのテスラ・モーターズの車両で自動運転中に初の死亡事故が発生しました。

世界で進む自動車の自動運転技術技術ですが、アメリカ合衆国フロリダ州で初の死亡事故が発生していたことが判明しました。

米高速道路交通安全局(NHTSA)は現地時間6月30日に、フロリダ州の高速道路で5月7日に電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズの2015年製セダン「モデルS」が自動運転中に大型トレーラーに衝突し、運転手が死亡する事故が発生しており、対象車の予備調査を始めたことを明らかにしました。

テスラ車は側道から斜めに入ってきた大型トレーラーが目の前を横切るように左折した際、そこを潜り抜けるようにして衝突。トレーラーの車体が高かったこと、トレーラーの車体の色が白で、晴天で日差しがまぶしい状態だったためにセンサーが感知できず、人工知能がブレーキを掛けなかった可能性が指摘されています。

テスラは自動運転と謳っていますが、実際は完全な自動運転ではなく周囲との車間距離を測って自動で追尾や減速を行ったり、自動で車線変更を行うといった初歩的な段階。テスラは運転者が常にハンドルを握っていつでも手動に切り替えられるよう求めている他、運転の責任は基本的に運転者側にあると明言しています。

テスラはこの死亡事故について、「自動運転モードには1億3千万マイル(約2億1千万キロメートル)以上の走行実績があり、初めて死亡事故が起きた。米国では9400万マイルに1件、死亡事故が起きている」として、人間の運転よりも安全だとしています。

初歩的とはいえ人工知能による操縦の中で発生した死亡事故。いつかは直面する問題だったとは言えますが、果たして私達人類はこの事故をどう受け止め、対処することになるのでしょうか?

米テスラ、「自動運転モード」作動中に初の死亡事故  :日本経済新聞

米テスラ、自動走行で初の死亡事故 相手車の色が原因か:朝日新聞デジタル

米テスラ車、自動運転中に初の死亡事故 経済 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

(Photo by Wikipedia


・関連記事
AI搭載ロボットSophia、「人類、抹殺しちゃおうかしら」と発言 | BUZZAP!(バザップ!)
//buzzap.jp/news/20160325-sophia-destroy-humans/

レイシストと化したマイクロソフト社のAI、大麻大好きっ娘になって帰ってくる→速攻で公開停止に | BUZZAP!(バザップ!)
//buzzap.jp/news/20160331-tay-ai-kush/

ボストン・ダイナミクスのアーム付き新型四足歩行ロボ、バナナの皮で転んでも自動的に立ち上がる機能が人気 | BUZZAP!(バザップ!)
//buzzap.jp/news/20160624-spotmini/

IBMの「人工知能」Watsonがボブ・ディランの歌のテーマを解明、その答えとは? | BUZZAP!(バザップ!)
//buzzap.jp/news/20160516-ibm-watson-bob-dylan/

「しかし、ご主人さま…」ロボット三原則に反し、人間の命令に従わないロボットが開発される | BUZZAP!(バザップ!)
//buzzap.jp/news/20151203-robot-disobey-human/

このエントリーをはてなブックマークに追加