ドルビーアトモス対応、高音質なSIMフリースマホ「AXON 7」シリーズをZTEが国内発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



プロセッサやカメラ、ディスプレイだけでなく、内蔵スピーカーの音にまでこだわった格安スマホが発売されることになりました。詳細は以下から。

ZTEのプレスリリースによると、同社は10月21日(金)からSIMフリースマホのハイエンドモデル「AXON 7」(アクソンセブン)およびを「AXON 7 mini」(アクソンセブンミニ)を発売するそうです。

いずれのモデルもハイレゾ音源に対応し、デュアルスピーカーによる迫力あるステレオサウンドが楽しめるほか、旭化成エレクトロニクスが開発したオーディオ専用チップをダブルで搭載。

ハイエンドオーディオで使われるD/Aコンバーター「AK4490」により、雑味・歪みといった濁りをなくした高音質のHi-Fiサウンドを実現したほか、高音質録音用チップとして「AK4961」を搭載することで、高音質での録音・再生を実現しているとのこと。

さらに映画館やホームシアターなどに広く導入されている「ドルビーアトモス」をスマホとしては日本で初めて採用。ユーザーの周囲や頭上で動く立体感あるオーディオをヘッドフォンや内蔵スピーカーで再現できるとしています。

まずは「AXON 7」。ゴリラガラス4採用の5.5インチWQHD(2560×1440)有機ELディスプレイにSnapdragon 820、4GB RAM/64GB ROM、F1.8の光学手ブレ補正・PDAF(像面位相差オートフォーカス)対応2000万画素背面カメラ、F2.2の800万画素前面カメラ、3250mAhバッテリーを備えたAndroid 6.0スマホで、販売予定価格は5万9800円。


そして「AXON 7 mini」。ゴリラガラス4採用の5.2インチフルHD(1920×1080)有機ELディスプレイにSnapdragon 617、3GB RAM/32GB ROM、F1.9の電子式手ブレ補正・PDAF(像面位相差オートフォーカス)対応1600万画素背面カメラ、F2.2の800万画素前面カメラ、2700mAhバッテリーを備えたAndroid 6.0スマホで、販売予定価格は3万9800円となっています。


なお、いずれのモデルもドコモ回線での利用を想定しており、Band 3とBand 19のみキャリアアグリゲーションを利用可能。デュアルSIMをサポートしているものの、2スロット目がmicroSDXCカードと排他仕様であるほか、対応しているTD-LTEの周波数帯では、ドコモはサービスを提供していません。

3万円台のスマホとしては珍しく、内蔵スピーカーの音質にまでこだわったAXONシリーズ。Zenfone 3などのライバルとなりそうです。

[ZTEジャパン] シアターレベルのサウンドとワールドクラスのデザインが特長の
ハイエンドスマートフォン「AXON 7」、「AXON 7 mini」を10月21日より発売 - ZTE Japan

・関連記事
25GB使えて月額2380円、1GBあたり100円を切る大容量の格安SIM提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

Surface Pro 4対抗の「Cube i9」、本家の3割の価格で買える超格安タブレットに | BUZZAP!(バザップ!)

Xperia Z Ultraと同じ6.44インチ液晶搭載で性能も充実、1万円台の格安スマホ「Xiaomi Mi MAX」 | BUZZAP!(バザップ!)

ついにau回線に本格対応した「Zenfone 3」、UQ mobileで使うメリットはこんなにも多い | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加